プロフィール
ヨッシーてんちょの詳しいプロフィールはこちら♪ 【名前】ヨッシーてんちょ
【年齢】40歳
【趣味】子供と犬と遊ぶ、スノボ、映画、音楽、インテリア、料理
【家族】ヨガ先生の妻、育ち盛りの長女、赤ちゃんの次女、柴犬のもぐた
【将来の夢】カフェガパオを有名店にして最終的にはハワイ支店を作る♪
お知らせ
お店のブログができました♪
カフェガパオ

ここのヨッシーてんちょの部屋を「ダウン症 特徴」というキーワードで来てくれている方が結構いるみたいなので、初めて来た方でもわかりやすいように新たに
娘がダウン症と診断されるまで…
というカテゴリを作りました。
ダウン症優の娘がダウン症と診断されるまで

その他
元ネットショップ店長のヨッシーてんちょだからこそ、満を持してオススメできる超お得カード★
ヨッシーてんちょもヘビー使用の楽天カード☆
ヨッシーてんちょがオススメする理由は…⇒
申し込み・詳細は↓コチラから



にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダウン症児育児 ブログランキングへ
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
娘がダウン症と診断されるまで…その13(これからのこと)

これからのこと

 

検査結果が出て約1ヶ月・・・。

 

 

夫婦共々、気持ち的には大分落ち着き、これからのことを前向きに考えられるようになりました。

 

 

優ちゃんのダウン症という診断結果は、とてつもないショックでしたが、これはこれで受け入れつつ、根底部分では症状のことを考えながらも、健常者とかわらずに育てていこうと思っています。

 

 

早ければ来月から「療育」という、ダウン症の子たちのプログラムもスタートします。

 

これは、発育遅延になりがちな子供たちを各自治体が集め、両親と共にどう育てていくかなどを話し合ったり、おしゃべりの練習、ハイハイの練習などをするプログラムです。

 

これから色々と忙しくなりそうですが、家族みんなで協力しながら頑張っていこうと思います。

 

 

ダウン症優ちゃん

 

 

「娘がダウン症と診断されるまで…」の一連の話は終わりです。

 

ここまでお読み頂いた皆様、誠にありがとうございました。

 

その後の優の成長は、以下のリンクから見れますので、ご覧頂ければ幸いです。

 

 

自分は、優の成長を通して「ダウン症のことをもっと世の中で知ってもらいたい」と思っています。

 

このブログが、ダウン症を知ってもらうことに繋がればとても嬉しいですラッキーぴかぴか

 

 

人気記事へのリンク

王冠2娘がダウン症と診断されるまで…」の目次はこちら♪

 

子供優の成長過程はこちら♪

 

女成長した現在の優はこちら♪

 

 

 

 

 

 

カメラスマホページ下部で不定期更新ギャラリーやってます♪

 

↓あなたにとってお役に立った場合のみポチっとお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

 

■人気カテゴリ ■お知らせ一覧 ■今日のゆう

posted by: ヨッシーてんちょ | 娘がダウン症と診断されるまで… | 15:47 | comments(93) | trackbacks(0) |-
恥ずかしながら興味本位で拝見しました・・・
自分はまだまだ若造なので色々無知な事があったんだと思いました。
ダウン症と分かるまでの過程での出来事(症状などを調べる、ダウン症ではないのではないか?)などご自身の思った事を奇麗事とかではなく素直に表現してる所にがすごく切なく自然と涙が零れました。
この先お子さんが大きくなるにつれ不安な事や大変な事などあると思いますが、楽しんで育児出来る事を願っています。
| 名無し | 2011/06/03 6:00 AM |
お名前無かったのですが、コメントありがとうございます☆

自分も実際にわが身に関わらなければここまでダウン症に対して知ったり勉強したりはしなかったですね。
今となっては「貴重な体験」をしたなって思っています。

この記事を書いていたのがちょうど2年前。
あの頃はこうやって書いて綴ることで気持ちの整理と精神安定をはかっていたのかもしれません。。

たしかに今後またさらなる試練があるかもしれないですが、娘はとってもかわいい大事な存在なので親として出来る限りサポートしていければと思っています。

はい、これからも育児を楽しんでいきます♪
わざわざコメントにお時間割いていただいてありがとうございました☆
| ヨッシーてんちょ | 2011/06/03 10:03 PM |
何のご縁かたまたまブログを読ませていただきました。
ご苦労も多いと思いますが、お子様を愛する気持ちに感動しました。
元気な明るい優ちゃんの成長をお祈りしています。
| 名もなき読者 | 2011/10/10 4:16 PM |
名もなき読者さん、コメントありがとうございます☆
ありがとうございます、そう言っていただけるととてもうれしいです。
これからも明るく成長することを願っています☆
| ヨッシーてんちょ | 2011/10/10 11:33 PM |
はじめまして!
偶然、こちらのブログにお邪魔させていただいた者です。
素晴らしいシリーズ記事を一気に読ませていただきました。 何度も胸が熱くなりました。

私の息子は発達遅滞で軽い知的障害の持ち主です。 今年で12歳になりました。

優ちゃんとは、病名も症状もちょっと違いますが、オランダとイタリアのお話の通りで、私もオランダでの生活を余儀なくされた一人です(^^;
管理人様が、このシリーズをどのようなお気持ちで書かれたか、分かりるような気がしております。。

でも、「オランダ」行きになったことで、良くも悪くも、それまで見えていなかった世界が一気に眼前に広がったことは間違いありません。
何より、価値観が、180度変わりました。また、今までに認識していた事柄や拘りが、いかに自分の考え方・生き方の自由を束縛していたかが、分かりました。
「自由人」の息子と出会ったお陰で、私は変な概念・観念から解放された気がしています。「自由人」の息子に、感謝しています。 
この感覚、優ちゃんのご家族の皆さまもお感じになられているのではないでしょうか。貴重な感覚だと思いませんか? 

一方的に色々と書かせていただいてしまいましたが、最後に・・・・
優ちゃんが、管理人様ご夫婦、ご家族のもとに産まれて来てくれて、本当によかった・・・! 
そのままの優ちゃんを受け入れてくれる、何とも暖かい、大きな愛情に囲まれて、思うままに、のびのびと成長されている優ちゃんのお写真を見るたびに、優ちゃんがとても眩しく感じます。

優ちゃんは、管理人さまご家族のもとを選んで、産まれてきたのでしょうね。
(私も、今になってようやく、この息子は、私の器?を見越して、私のところを選んでやって来たのだと、実感できるようになりました)

将来の事など、心配の種は尽きませんが、普通では経験できない人生を味わわせてくれる「自由人」さんたちに感謝して、これからも子育てを楽しみ&がんばりたいですね、お互いに(^^) では。


| もも | 2011/11/20 10:13 AM |
ももさん、はじめまして!コメントありがとうございます☆

その感覚よくわかります。
優ちゃんがダウン症で生まれてきて本当に色々なことを経験させてもらって、学ばせてもらいました。
この経験はだれしもが経験できる事ではないので、貴重な人生経験ができたと思っています。

よく、「この子にいっぱい勉強させて立派な子に育てよう」とか「幼稚園の時から塾に通わせなくちゃ」なんていう親御さんもいらっしゃいますが、自分はもともとそういう気持ちはなかったのですが、さらにそんな事よりももっと大事なことが人生にはあることを気づかせてもらいましたし、また名前の通り人の痛みのわかる優しい元気な子に育ってくれればそれでよいなーと思っています。

ももさんの息子さんも、ももさんだから安心して生まれてきたのでしょうね。。

これから先まだまだ色々な困難があると思いますが、お互いに子育てを楽しみがんばりましょうね(〃^¬^〃)
| ヨッシーてんちょ | 2011/11/20 11:17 PM |
はじめまして。今ダウン症と診断されるまでを拝読しました。正直な想いを書かれてるのでとても共感できる部分があり、&素敵なご両親に感動して涙が出そうでした。
現在海外に住んでおり、こちらでは妊娠12週目くらいでダウン症かどうかの検査をするようになっており、来月この検査を受けるので少し心配になり調べていたらこちらブログへ来ました。ここの国に来てダウン症の子を一人も見たことがないことを以前から不思議に思っていて、皆日本のように遠足や学校へは行かないのかな、親は隠したがるのかななど考えていました。それともこの検査をしてもしダウン症ならおろしてしまう人が多いのかなど考えます。日本は受け入れる体制ができているのでこちらと比べるとラッキーだと思います。
今、この検査をキャンセルできるか、とか受けないといけないのなら受けて結果はどうであれその子を受け入れるのか、とか何かあれば旦那の家族に反対されるのかとか、その後を想像しています。(あまり結果は心配していません♪)
日本と海外で環境が違うので比べられないけど、優ちゃんのかわいい顔を見てると自分の子はどんな子でもかわいいんだろうな、早く無事に産まれてきて欲しいなと感じることができ、このブログに感謝しています♪
ありがとうございます。

| アメリ | 2011/12/09 3:23 AM |
ダウン症と診断されるまで、の最後を今読み終えました。人ってこんなにも強い力と愛があるんですね。涙が止まりませんでした。「優ちゃん」という名前、ご家族皆さんの願いと、温かく優しい気持ちのこもった本当に良い名前ですね。いえ…僕なんかが感想を書くのもおこがましいです。ご夫妻、ご家族皆様の健康と、優ちゃんの健やかな成長を願っております。失礼しました。
| 太郎 | 2012/04/05 1:27 PM |
太郎さん、続けてコメントありがとうございます☆
そう言ってもらえるととてもうれしいです♪
「優」という名前は、自分でも付けて良かったなぁと思います。
「優」の後に漢字を色々付けようかとも思いましたが、優しいだけで十分じゃない!と思い一文字だけにしました。
娘はうちら夫婦の他にも、両家のおばあちゃん、おば、おじに毎週会っているのでとても幸せな環境で育っています。
そして娘がみんなへ色々な幸せパワーをくれるので、善⇒善⇒善 と良い流れができていますね。。
今後もこのような人生が送れることを願うばかりです。
太郎さんも是非より良き人生が送れますことをお祈りしております。
ステキなコメントありがとうございました(*^O^*)
| ヨッシーてんちょ | 2012/04/05 9:11 PM |
ダウン症の検査を、迷っている、38歳妊婦です。
旦那とは話し合い検査はしないことにしました。
実家の母は受けて欲しいと懇願しています。
ヨッシーさんの両ご両親の、強く暖かい言葉に感動しました。羊水検査したところで、どこで妊娠中に障害の壁に当たるかなんて誰にもわからずリスクを減らしたい思いです。でも母も同じ気持ちなのだとも理解しつつ、悩んで、色々ダウン症のページを見て回っています。
優ちゃんの可愛い様子に心がほっこりしました。ヨッシーさんの素直な葛藤がしみました。ご家族の夢が叶う日を私も楽しみにしています。
| チカコ | 2012/04/08 3:00 PM |
ダウン症の検査を、迷っている、38歳妊婦です。
旦那とは話し合い検査はしないことにしました。
実家の母は受けて欲しいと懇願しています。
ヨッシーさんの両ご両親の、強く暖かい言葉に感動しました。羊水検査したところで、どこで妊娠中に障害の壁に当たるかなんて誰にもわからずリスクを減らしたい思いです。でも母も同じ気持ちなのだとも理解しつつ、悩んで、色々ダウン症のページを見て回っています。
優ちゃんの可愛い様子に心がほっこりしました。ヨッシーさんの素直な葛藤がしみました。ご家族の夢が叶う日を私も楽しみにしています。
| チカコ | 2012/04/08 3:06 PM |
チカコさん、はじめまして!&コメントありがとうございます☆

悩む気持ち、とてもよくわかります。
自分も事前に知識があれば、もしかしたら羊水検査などを行うことも考えたかもしれません。
でも今は娘のことで色々乗り越えた部分が大きいので、今後娘の弟妹ができたとしても検査はしないと思います。でもだからといって検査を否定するわけでもありません。検査をしてその部分での安心感を得られるならそれもありなのかもしれません。(検査のリスクはありますけどね)

娘が生まれた時、ダウン症ということで悩みましたが、今となっては健常者であろうがダウン症であろうが娘は娘、ダウン症は娘の"個性"の一つだと思っています。
また、ダウン症は障碍ではなく、体質です。
たしかに成長はゆっくりですけど、楽しそうに笑顔で過ごしている姿を見ると、本当にこの子がうちに生まれてくれて良かったなぁと思うばかりです。
きっとチカコさんも何があろうとも「可愛い我が子」っていう気持ちが大きくなることでしょう。この部分はどんな親でも共通の部分だと思います。

ちょっと残念なのが、認知されてきたとはいえ欧米諸国に比べて日本社会はまだまだダウン症という体質への理解は薄いのが現状ですね。特に僕ら親世代まではそういう子達は隔離してきた歴史があるので、受け入れがたい部分も大きいですよね。うちの母も当初は若干そうでした。
でも今となっては、「毎日でも会いたい!」と娘が大好きで大好きで仕方ないですね。親同様、祖母や祖父もいつかは受け入れてくれる日が必ず来るはずです。

子供はカワイイですよ♪
是非プラス思考で出産まで過ごしていただけたらと思います。

あまりアドバイスにはならないかもしれませんが、チカコさんが無事にご出産されることを切に願っています☆
| ヨッシーてんちょ | 2012/04/09 8:01 AM |
私の子供は未熟児で発育が遅れていた事を、受け入れられずずっと愛せないときがありました。

色々な育児ブログを読みふけって一番励まされたのが、優ちゃんの成長する姿とほほえましく見守るてんちょさんの素直なお気持ちです。

愛された子どもは本当に幸せです。

| りん | 2012/04/28 10:34 PM |
りんさん、コメントありがとうございます☆
最初自分もこの現実につまずいてなかなか受け入れることができませんでした。でも周り(お互いの母親や兄弟)のおかげでそれを乗り越えることができ、"その時にしか感じてなかったもの"を是非記録しておきたいと思いブログの記事にしました。またそれらで得た経験を他の人のお役に少しでも立てればよいと思っています。
りんさんがブログを読んで少しでも元気が出ていただければ今までブログを続けてきたかいがあります(´ー`)
コメントありがとうございます☆
| ヨッシーてんちょ | 2012/04/30 12:12 PM |
はじめまして!
ご夫婦共にお強いなぁと思います
私は妊娠三ヶ月で31歳です
最近 物凄く 赤ちゃんの事が気になります。
障害があったら病院で教えてくれるだろうか?もし障害があったら…
もし産まれてきて障害が分かったら…
大抵のお母さんは考える事なのでしょうけど…
優チャンのお話 読ませて頂けて良かったです!
私と旦那サンとの赤ちゃんです!
授かった命ですので大切に育てていきたいと思います。
| ひとみ | 2012/05/10 1:18 AM |
前みさせてもらってまた今日みにきました。19歳で妊娠しています。18歳でダウン症候群のお子さんを生んだ方もいますし、確率では何とも言えないことですよね…。あたしも障害をもった赤ちゃんが生まれたらどうしようかと思います。でもヨッシ―さんたちみたいに沢山の愛を注いで育てたいと思います^^優ちゃん可愛いですね(^O^)これからも元気に優ちゃんが成長することを遠くながら祈ってます。ありがとうございました
| ゆな | 2012/05/10 3:48 PM |
ひとみさん、はじめまして&コメントありがとうございます☆
自分は父親ですが、不安なお気持ち、よくわかります。
でも不安になることは親として当たり前のことですので、どうぞ考えすぎないようにして下さいね。
今だから言えることですけど、障害があるかないかはあまり関係ないように思っています。
障害を持って生まれてきたからといって不幸になるとは限らないし、健常者で生まれても不幸になる人はなるし…
それよりも生まれてきた本人が幸せだと思えるような人生になっていけばそれでいいのかなって思っています。
親は愛情によってそのサポートが最大限できればそれでいいのかも。。
あまり深く考えずに明るい未来を想像しながら過ごしていってくださいね♪
元気な赤ちゃんが生まれますように☆
| ヨッシーてんちょ | 2012/05/11 12:46 AM |
ゆなさん、コメントありがとうございます☆
大丈夫、ゆなさんきっと元気な可愛い赤ちゃんが生まれますよ♪
そうやってプラス思考のメンタルにもっていくのも妊娠中には大事なことだと思いますので。。
もし仮に障害をもった赤ちゃんが生まれても愛情があればきっと乗り越えていくことができます。そしてそれには必ず意味のある運命がありますからね。。
ゆなさんの事をお空から見てた赤ちゃんは、ゆなさんだからゆなさんの子供になりたいと思ってきてくれたんだと思いますよ♪
元気な赤ちゃんが生まれますように☆
| ヨッシーてんちょ | 2012/05/11 12:47 AM |
初めましてこんにちは。
ただ今妊娠中で臨月なのですが、色々調べているうちにこちらへたどり着きました。
読み進めるうちに涙がポロポロとこぼれている自分がいました。
私達夫婦にも3歳の息子がいて、半年前に自閉症と診断されました。
ダウン症とは違いますが、同じく一生治ることのない病気です。
優ちゃん達のように産まれて間もなくして診断結果が出るものではなく、自閉症とはだいたい3歳くらいでないと断定ができないようで、今までは本当に普通だと思っていたし、ただちょっと他の子よりも多動性があったり、言葉を話さなかったりはありましたが、診断された時は『まさか我が子が!?』という驚きがありました。息子の屈託のない笑顔見ながら涙が出ることも何度もありました。

違う障害ではありますが、凄く共感するところが多くて、お二人の気持ちがストレートに刺さりました。
でも、本当に我が子は何があっても我が子。可愛くてしかたがないですよね!これからも色んなところで同じように頑張っているお父さんやお母さんがいるんだと思って私も前向きに出来る限りの事を息子の為に、産まれてくる赤ちゃんの為に家族の未来の為に頑張っていこうと思います。
本当に励まされました。ありがとうございます。
| さよ | 2012/06/05 11:57 PM |
さよさん、はじめまして!&コメントありがとうございます☆
「まさか我が子が!?」思い返せば自分もほんとその状態でした。
お子さんの自閉症診断や妊娠と色々大変な1年でしたね。

娘が通う療育センターでも自閉症のお子さん達がいますが、(妻伝えですが)そのママ達曰くやはり気付くのには時間がかかったそうです。
(ダウン症の子でも後から「あれ?何かおかしいかな?」と親御さんが思って発覚したケースも多いようです。)
うちもよく思いますが、「これが普通なんだろうなぁ」と思ってたら同じ月に生まれた健常者の子を見ると随分先のことまでできていることに驚かされます。初めての子育てだと基準がよくわかりませんよね。
ブログの記事のようにかなり絶望感を味わったこともありましたが、いつもニコニコしている娘の姿を見て前向きになれることができました。だから今では他の子がどうとかは関係なしに娘なりのペースで成長していってくれればそれでいいと思うようになりました。

きっとさよさんのお気持ちは私が思う以上に辛いと思います。(真の気持ちは当事者である親御さんにしかわかりませんもんね)
でも何があっても我が子は我が子。さよさんと同じく自分の子供は可愛くってしかたありません。
文章を見ているだけでもさよさんは強い方とお見受けできますので、きっとこれからの未来は大丈夫です!
是非家族一丸になって頑張っていって下さいね。うちも頑張ります!
コメントありがとうございました。
| ヨッシーてんちょ | 2012/06/06 4:06 PM |
ブログ拝見させて頂きました。
先日、息子が産まれたばかりです。
その日に小児科の先生に話があると言われました。
赤ちゃんの顔の特徴からダウン症の可能性があると。
正直先生の言っている意味がわかりませんでした。
血液検査の結果は良好で、心臓、肝臓等の機能は問題ないそうです。今は染色体検査の結果を待ちながらダウン症のことを調べています。
色んなサイトを見ながらこのブログに行き着いた次第です。
このブログを読むはじめてから涙がまだ止まりません。
あまりにも優ちゃんの特徴と息子の特徴が似ていたからです。
さっきまで自分の子に限ってそんなはずはないと言い聞かせていましたが、私の息子もダウン症なんだと思います。
そう思うと当時のヨッシーさんの悔しい気持ちが十二分に伝わってきました。
自分の息子に思い描いていた夢がもう見れないと思うと涙が止まらなくなりました。
私の息子がダウン症ということを受け入れなければ、そう思いながら体がそれを拒絶しているのが今の私の状況です。
妻は仕事でダウン症の子供と関わった経験があり、私も小学校の頃ダウン症の子と一緒に遊んだ経験があります。
息子はそんな私達の所を選らんで来たのかなと思います。

気持ちの整理はまだ出来ていません。
夢から覚め新しい旅行先へのガイドブックがこのブログだったのかもしれません。

染色体検査の結果がどうであれ息子にありったけの愛情を注ぎ、しっかり前を向いて明るい未来に向って歩いて行きたいと思います。
| ヒロユキ | 2012/06/21 9:20 PM |
ヒロユキさん、コメントありがとうございます☆お返事が遅くなってすみません。

今はとても辛い時期なのがよく伝わってきました。自分もまったく同様でしたからね。。
僕は3年前のことは今では「あんな時もあったなぁ」と思えていますが、ヒロユキさんはまだそんな気持ちにはなれないですよね。よく分かります。

今ここで書いても伝えられるかはわかりませんが、もし仮にダウン症と宣告されたとしても悲観的にならないでください。
お子さんはパパママのところなら安心して生まれてくるとわかっていたからこそ、ヒロユキさん夫婦のもとへきたはずです。
そして、ヒロユキさんも僕と同じく「あんな時もあったなぁ」と思える日が必ずきます。

ヒロユキさんは今の段階で既に前向きな気持ちが強いのできっと大丈夫。
是非明るい未来に向って歩んでいってくださいね。
何かあればいつでもご相談下さい。自分の経験談がお役に立てれば幸いです。
| ヨッシーてんちょ | 2012/06/24 10:56 PM |
今日、妹の子がダウン症と宣告されました。
産まれてからずっと赤ちゃんファミリーと一緒に暮らしていたので、いつのまにか気持ちは親同然。この検査結果を知るに至るまでのザワザワした気持ちは、ヨッシーてんちょさんと全く同じでした。今ひとしきり泣いて、私も一生支えて守っていく!そのために私も強くならなくちゃ!と決意したところで、ヨッシーてんちょさんのブログに出会いました。力強く背中を押してもらえました!『みんなで育てていく』今の私の気持ちそのままです。
ありがとうございます!明るい気持ちで乗り越えていきたいです。
| ゆきーた | 2012/06/27 4:15 PM |
ゆきーたさん、はじめまして&コメントありがとうございます☆
ゆきーたさんもお強いですね。
自分も周りの家族がみんなで支えていこう!という気持ちがあってどれだけ助けられたことか・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
当事者の両親たちはこういう周りのサポートが絶対に必要不可欠です。。是非妹さん夫婦をサポートしていただければいいなぁと思います。
自分はただただ経験談を書き綴っただけなので参考になるかはわかりませんが、うちの娘は家族みんなに支えられながら先月3歳になりました☆
ダウン症という体質はあるものの、それよりもみんなからの愛情いっぱいで幸せに育っていますね。。
ゆきーたさんご家族もみんなで笑顔いっぱいの愛情家族になっていけることを心よりお祈りしますo(^▽^)o

また何かあればお気軽にコメントいただければと思います♪
| ヨッシーてんちょ | 2012/06/28 4:06 PM |
はじめまして。私も同じ子どもを育てる親として、その深い愛に涙が落ちました。
昨晩大切な親友から娘がダウン症だったという連絡を受けました。
診断を受けた翌日に僕にだけは知らせてくれたのですが、彼のメールの内容は明るくそして強い愛に満ちていました。だけどヨッシーてんちょさんのブログを読んでわかりました。検査結果を待つまでの間、親友とその奥さんはどのような気持ちで待ち、そしてその日を迎え、親友は受け入れたのだろうと。。
僕も一児の親として、親友の力になりたい、どんな小さなことでも支えになりたいと本気で思います。そして個性をもって生まれた子達のために寄り添い優しい世の中になっていくよう息子を優しい人間に育てていきます。
ヨッシーてんちょさんのブログは、そして優ちゃんは多くの方々の支えになり、人間が本来持っている優しい心を引き出してくれます。
多くの幸せが訪れますように。
| けんた | 2012/06/29 12:00 PM |
けんたさん、はじめまして。そしてコメントありがとうございます☆
けんたさんの文章読んでいて涙が出てきました。とても嬉しいです。ありがとうございます。

そうですね、ご親友夫妻もきっと色々複雑な気持ちだったでしょうね。
自分にも小学生から一緒の親友がいまして、そいつとは今でももちろん交流があり、奥さんの年齢もそれぞれ一緒、第一子は二人共女の子、そして生まれた年月が一緒、と同じことだらけの親友なのですが、嬉しく思うのは分け隔てなく娘どおし一緒に遊んでくれることです。
親友の娘は健常者の子ですが、そういうのは関係なしに接してくれます。
自分にとってはそういう理解してもらいつつ、娘どおしも交流があるのってとても助かるし嬉しいことです。
なのでけんたさんも親友家族と普通に接することがその親友夫婦やお子さんにとって一番ありがたいことかなーって思いました♪

「優しい世の中になっていくよう息子を優しい人間に育てていきます。」
素晴らしですね☆
けんたさんみたいな人が増えていけばきっと世の中の差別や偏見はなくなっていくのでしょうね。
僕もそうなるよう毎日努力を続けていきたいと思います。ありがとうございました。(=^0^=)

ちなみに自分は健太郎なので、「けんた」というお名前に御縁を感じました♪
| ヨッシーてんちょ | 2012/06/29 7:19 PM |
こんにちは。初めまして。ブログ拝見させていただきました。

私の娘はまだ入院中なんですが、5月に1500グラムで出産してようやく2000グラムに成長しました。
一ヶ月前、ダウン症の疑いで病院から検査依頼をされ、先日結果が出ました。
結果、ダウン症でした…。
正しく、ブログ記事と同じ心境でした。
依頼の段階では、間違いであってほしい!と思う気持ちがいっぱいでしたが、結果を聞き、涙が止まりません。
出来る限り娘に会いに行ってますが、義務的な気がして、娘を見ても、自分の子じゃないんじゃないか…愛せてないよね…と思うと涙が止まりません。
産まれたときから娘の生きようと頑張ってる姿を見てるので、娘を見るのが辛いです。
少しは受け入れられてきてる自分がいるんですが、まだダメですね。
外を歩いてても買い物に行っても、同じ症状の人を捜してしまいます。
テレビを見てても面白くないんです。
主人は帰りが遅く、話すことも少ないです。
なので、一人になる時間が多く、何もやる気がおきません。
まだ受け入れられてないですよね…。
『オランダへようこそ』良い内容ですよね。
頭では分かりつつも、心がついていかないです。
娘が退院すれば、少しは心境も変わる気はするんですが…。
こんな私に渇を入れてください(>_<)
| ゆみママ | 2012/07/04 5:48 PM |
ゆみママさん、はじめまして&コメントありがとうございます☆

お気持ちよくわかります。
自分も最初は「こんなことなら生まれてこなきゃよかったのに…」とまで思うこともありましたから。。(今考えるとそんな事を思った自分が恥ずかしく娘に申し訳ない気持ちでいっぱいです)

「頭では分かりつつも、心がついていかない」
これは仕方ないです。
どうしても現実逃避してしまうというか、受け入れられずにいますよね。自分もホントそうでした。
でもきっとこれって、我が子のことが気になって気になって仕方ないからそう思うのだと思います。
つまりゆみママさんの心の奥底では本当はお子さんのことを愛しているということだと思いますよ。

自分の場合、最初はゆみママさんと同様に受け入れることがなかなかできませんでしたが、3年という時の中で娘の成長を見てきて、今では好きで好きで仕方ない愛娘になりました。
そしてあれほど悩んだダウン症ということも今ではまったく気になっていません。むしろ娘なりの個性として尊重しています。
たしかに成長はゆっくりですが、笑顔が絶えず周りの人達を幸せにしてくれるパワーをいっぱいくれます。

ゆみママさんへは自分の経験談からしかお伝えすることができませんが、

"絶対に愛しくて愛しくてたまらない時が必ず来ます!"

今の段階ではまだそのことを理解できないかもしれないですが、必ず愛してやまない時がきますから、是非安心してこれから子育てをしていって下さい。
ケタケタ笑う時、離乳食をちょびっとずつでも食べ始めた時、言葉みたいなことを発した時、笑顔でハイハイを始めた時・・・そういう我が子の成長を感じる度にどんどん愛情が増していきますよ。。

ダウン症ということは絶望ではありません。
きっとある時ゆみママさんもそれが絶望ではなく「大したことではなかったんだな」と理解するときが来るはずです。
今は落ち込んでも構いません。でもその落ち込んで辛い思いをした分、あとからもっともっと大きな幸せがきますからね。頑張ってとは言いませんから、そういうこともあるのかもと頭の隅に置いておいてくれたら幸いです。

アドバイスになったかはわかりませんが、また何かあればコメントいただければと思います。いつでもご相談にのりますので。。
| ヨッシーてんちょ | 2012/07/05 1:57 AM |

こんにちは。
ブログ、拝見させていただきました。

私は現在35歳、ひとつ年下の彼とは結婚を前提に1年交際しています。
私自身、年齢的にも結婚・出産は早めに…とやや焦っている状況ですが、彼は私との交際が初めての女性との交際だったせいか、結婚はまだ早い・世の中高齢出産が増えているから大丈夫などと、全く焦りを感じていない様子です。

お恥ずかしながら、高齢出産でダウン症の赤ちゃんの出生率が高くなる…ということ自体、つい先日初めて知りました。
それ以来、毎日毎日このことを検索する日々です。

ヨッシーてんちょサンのブログを読み、今すぐに私の状況が変わるわけでもなく、ましてや結婚も妊娠もしていない現在、未来のことを先走って考えてしまう自分が少し嫌になりました。

未来のことなんて誰にもわからない。

正直、心中複雑なままですが、ヨッシーてんちょサンと奥様、優チャン、まわりの皆様が幸せでありますように…そう強く思いました。

乱文、申し訳ありません。
ありがとうございました。


| あきち | 2012/07/30 6:24 PM |
あきちさん、はじめまして!&コメントありがとうございます☆

ダウン症出生率はどの国でも年間1000人に1人という確率で生まれていることが報告されていますが、日本の場合ここ10数年で急激に晩婚化、高齢出産が増えたせいもあって、ダウン症をはじめとする何かしらの障碍を持って生まれてくる子は増えていると言われています。(※正確にはダウン症は障碍というよりは体質だと自分は思っています)
やはり20歳を境に女性の卵子は劣化が始まってくるので、医学的な面でいうと子供を作るなら若い年齢が良いと言われています・・・が、こればかりは若い年齢が良いと言われてもそんな都合良くはいかないですよね。。
子供を産むには相手が必要であって、その相手ともどこでどう繋がるかは正直運命でしかないですもんね。

僕的には例え何歳でも、子供を産みたいと思えばその時に産んでもいいのではないかと思っています。
これは他人事というわけではなく、そう思う直感があればそれに従った方が長い人生の上での後悔がないと思うからです。でもそこには自己責任というかそう判断した自分の選択に対しても後悔はしてはいけないとも思っています。

正直優ちゃんがダウン症と診断された時、「もっと早く産んでいれば・・・」と思ったこともあります。
でも今では優ちゃんがダウン症で生まれてきたのは些細な事で、逆に色々なことを教えてもらったことに感謝しています。成長はちょっと遅いですがそれは優ちゃんの個性。
今は周りの家族みんなから可愛がられ幸せな日々を送っています。
ダウン症であろうが健常者であろうが本当は子供本人にはあまり関係ないことなのかもしれません。
親として心配な部分はありますが、それはどんなお子さんでも一緒。親はできる限りその子にとってのサポートができればそれでいいのかもしれないなーと最近はよく思います。

ちょっと話が逸れましたが、あきちさんも是非幸せなご家庭を築けるように願っております。
子供自身のことは別として、出産時はあきちさんご本人の負担がやはり大きくなってきますので、そこだけは彼に説明してあげるのはいいかもしれませんね^^(お節介でしたら申し訳ないです)
| ヨッシーてんちょ | 2012/07/30 11:03 PM |
はじめまして。

何気なくたどりつき読んできました。
ダウン症のママ歴23年。20代前半でダウン症のママになりました。

読んでいて当時の事を思い出しました。

大丈夫ですよ。

優ちゃんがたくさんの素敵な出会いを運んで来てくれますよ。
| みるくてぃ | 2012/07/31 8:49 AM |
はじめまして
いきなりですが
私は中3です。
このブログでは
イロイロな事に気づけました
ありがとうございます。
あ、ちなみに、
私の従弟もダウン症
です。
今、小学3年生です、
制服きた姿は
みんなより一回り小さいですが
とっても可愛いですよ!
私の男女の友達なんか
その従弟目的で
家に来ます(笑)
みんな優しい人ばかりで
感謝です(^^)
| らい | 2012/08/01 1:58 AM |
はじめまして。24さいのままです。今日10週の検診に行ってきました。首の後ろに1ミリの水が溜まっていると言われ、次回の検診は3週間後。家に帰って調べたら、3ミリ以上だとダウン症の可能性があると書かれていました。妊娠してから色々調べていたので、血液検査や羊水の検査については知っていましたがまさか私達の子が!?とショックでした。でももしもそうなら向き合おうとネットで検索。染色体の説明をみて、もしうちの子がダウン症だったらきっとこの子は私ににて欲張りなんだなーと思ったらあったかい気持ちになりました!二個なのに三個も!?って。それと私自身宗教は気にしないのですが、キリスト教ではダウン症を神様からのプレゼントだと書かれているそうですね。きっと心が美しい子達なのだと思いました。私は、こどもはパパとママを選んで生まれてくると思っています。だったらこの奇跡を大切にしなくちゃいけませんよね!まだまだどうなるかわからない我が子ですが、このブログに出会えて良かったです!ありがとうございました!
| まま | 2012/08/02 2:18 AM |

妊娠中のものです。
一気に読ませていただきました。
今もお腹を力強く蹴っている我が子。
何があっても守って行く!その子が幸せを感じて愛を感じて育ってくれることが一番だな、って改めて思わせてもらいました。
色々な心情や状況を公開してくれて、ありがとうございました。
たくさんの人の心に何か残してくれてるんだろうな、と思います。
優ちゃんと愛情深いご両親にたくさんの幸せが訪れますように☆

| アイラママ | 2012/08/02 9:18 AM |
書き忘れましたが、優ちゃん、とってもかわいいですo(^▽^)oお写真見てると笑みがこぼれます。
きっとその笑顔で、周りも自然に笑顔になるんでしょうね♪
| アイラママ | 2012/08/02 9:21 AM |
みるくてぃさん、コメントありがとうございます☆
みるくてぃさん大先輩ですね。
自分も娘が20歳くらいになった時に当時のことを思い出したいと思います。
既に娘によってこのブログでも色々な出会いがありました。
これからも素敵な出会いが続くことを願います☆ありがとうございました。
| ヨッシーてんちょ | 2012/08/02 3:55 PM |
らいさん、はじめまして!&コメントありがとうございます☆
きっとらいさんの従弟さんのご両親も自分たちと同じように思われてきたのでしょうね。
つたないブログですが、「イロイロな事に気づけました」なんてとても嬉しいです☆ありがとうございます!
ダウン症の子供たちの周りには自然と人が集まってくるという話をよく聞きます。
うちの娘も公園で遊んでいると「へー、優ちゃんっていうんだー」って年上のお兄ちゃんお姉ちゃんが集まってきます。
もしかしたらそういう人を惹きつける見えない力を持っているのかもしれないですよね。。
うちも周りの人たちが良い人でとても幸せな日々を送っています♪
是非またブログを覗いてみてくださいねー(^-^)/
| ヨッシーてんちょ | 2012/08/02 4:12 PM |
ままさん、はじめまして!&コメントありがとうございます☆
「まさか私達の子が!?」自分もそうでした。。
ままさんは素晴らしいですね。なかなかすぐには向き合おうとはできないものです。
みんながままさんみたいな人だったらもっと温かい社会になって、たとえ障碍があったとしてもその子は安心して生まれて来れるでしょうね。
自分のブログがほんのちょっとでもそんな社会を目指すきっかけになったら嬉しいなー。
自分も宗教は気にしないのですが、そのキリスト教の「ダウン症を神様からのプレゼント」というのはよくわかる気がします。確かに"良い子"が多い気がします。。
そうですよ、絶対お腹の子はお空の上から「このパパとママなら安心して産んで育ててもらえる!」って思って来てくれたに違いありません☆
まだダウン症かどうかは決定してませんので、今は元気な赤ちゃんを生むことに専念してくださいね。不安になったらいつでもご連絡下さい。
仮にダウン症でなかったとしても「ダウン症に関して知っていただけたこと」がとても嬉しいです♪ありがとうございました(#^.^#)
| ヨッシーてんちょ | 2012/08/02 10:15 PM |
アイラママさん、はじめまして!&コメントありがとうございます☆
ありがとうございます、そう言っていただけるとこのブログを続けてきた甲斐があります。
「何があっても守って行く!その子が幸せを感じて愛を感じて育ってくれることが一番だな」ホントそうですね。
あの時の記事はあの時しか書けないだろうなぁと思って正直な気持ちで書いてあります。
今後もダウン症なのかも…と不安に思う親御さんたちのお役に立てれば幸いです。
アイラママさんご家族もたくさんの幸せが訪れますように☆
| ヨッシーてんちょ | 2012/08/02 10:22 PM |
アイラママさん、コメントありがとうございます☆
ありがとうございます!娘はだいたいいつもニコニコしているので家族にとっての向日葵みたいです♪
よくダウン症の子の話を聞きますが、みなさんやはり笑顔の人が多いみたいですね。
いつも娘の笑顔で家族みんなが癒され元気をもらっています。。
| ヨッシーてんちょ | 2012/08/02 11:01 PM |
お礼が遅くなりましたが、コメントの返事ありがとうございましたm(_ _)m

娘に会いに病院に行くのが楽しみになってます(*^_^*)
が、まだ一緒に暮らせてないせいか、娘を愛せてるか?と聞かれると、返答に詰まってしまう自分がいます…。

優ちゃんの愛くるしい顔を見たら、幸せに包まれてるんだなぁと思いました。
私もヨッシーさんみたいにたっぷりの愛情を注いで育てていけたらと思ってます。

最近、風邪を引いたみたいで、顔色が青白く鼻水も大量に出てるみたいで、吸引してもらってます…。
盆明けに退院予定だったんですが、延期になりそうです(/_・、)

お聞きしたいことがあるんですが、ダウン症の人は環境の変化に対応できるんでしょうか?
うちは転勤族で、3年に1回のペースで転勤があります。
転勤の度に新しい環境で新しい友達を作らないといけないので、娘にとってどうなんだろう…。って悩みます。
それなら、どこかに定住した方がいいのか…。
ちなみに、両親や親戚が近くにいない為、サポートしてくれる人がいません(>_<)
サポートしてくれる人が側にいないと、育児は大変ですか?

あと、療育センターには早めに行った方がいいと聞きますが、いつ頃から行かれましたか?

暑さが続きますが、体調崩されませんように。
ヨッシーさんの丁寧な温かみのあるコメントを読ませていただくと、お人柄がわかります(^-^)
優ちゃん&奥様は幸せですね♪
| ゆみママ | 2012/08/03 12:07 AM |
ヨッシーてんちょさん、はじめまして。
先月末に第一子を授かりました。
出産4日後に病院からダウン症の疑いがあると言われれ、検査を勧められ、結果はダウン症との事でした。

私は家族が医療関係で働いていることもあり、出産後に娘の顔を見た時にダウン症かもしれないと感じる部分があったので、不安を抱えつつネットで検索を繰り返しました。その時にこちらのブログに辿り着きました。

間違いであって欲しい、どうして自分達の間に産まれたんだろうと思ったのは事実です。
でも、苦しみながら産んでくれた妻や産まれてきてくれた娘に感謝をする気持ちも一杯でした。

「何がっても自分の子供は自分の子供」そう思えば恐れていた事や不安は取り除けました。
父親である自分がしっかりしなければ妻や娘を幸せにすることなんて出来ませんよね。

私の家族もダウン症であることを伝えても「それが?」って反応でした。
「私達の家族に変わりはないんだからこれからみんなで育てていくのは一緒でしょ?」と温かい言葉をもらえたのも嬉しかったです。

今は家族の協力に感謝しつつ、今後の成長を楽しみにしています。
てんちょさんが優ちゃんを愛する気持ちに負けないよう、私もありったけの愛で娘を包み込んでいきたいと思います!

因みに、優ちゃんはミルクの飲み具合はどうでしたか?
うちの子(優○という名前です)は飲みが悪く、体重があまり増えないので・・・

長文・乱文失礼致しました。
これからもブログを楽しませて頂きます。


P.S 埼玉在住なので、てんちょさんのお店にもいずれお邪魔させて頂きたいと思っています^^
| 神威 | 2012/08/18 12:45 AM |
神威さん、はじめまして&コメントありがとうございます☆
神威さんも色々な葛藤、そしてそこから沢山の経験されたのですね。
周りのご家族に理解があるというのは本当にありがたいことですよね。第一子であればなおさらのとこ。幸せなご家族がいて何よりです^^

自分も娘がダウン症で生まれてきたときは色々悩みましたが、今ではそれは”良い思い出(良い経験)”になっています。
不思議です。あれだけ辛かったダウン症という事実が今では全然大袈裟な事ではなく、むしろ娘の良い個性の一部としてとらえていますからね。ダウン症で生まれてきてよかったとまではいいませんが、でもそれに近い感覚があります。
ちなみに自分はダウン症は障碍ではなく”体質”の一つと認識しています。
毎日笑顔でみんなに元気パワーをくれる娘の存在は、障碍とか体質とかのカテゴリーを越えて、うちの家族の幸せの象徴になっていますね。(ちょっと言い過ぎかも(笑))

同じ”優”が付くんですね(^-^)なんか嬉しい♪
ミルクは普通にゴクゴク飲んでいた記憶があります。ただ母乳は最初の2ヶ月くらいであとは粉ミルクがメインでしたね。。
うちも当初全然体重が増えないので心配していましたが、時間と共にそれなりに成長していってくれましたよ^^
きっと神威さんのお子さんもこれから体重増えていくと思いますよ。離乳食が始まるとさらに♪

是非お店にお越し下さい♪
予約していただければ夜でも開けますよー(〃^¬^〃)
| ヨッシーてんちょ | 2012/08/18 8:16 PM |
はじめまして 私の息子はクレチン症です。生後一ヶ月から毎日薬を飲んでいるので他の子と変わらず成長しています。もう4才になりました。病名を聞かされた時は目の前が真っ暗になりました。両親からうちの家系にそんな人は いないと何度も言われ、落ち込みました。息子は3ヶ月に一度採血をしています。まだまだ採血の時号泣で私も待合室で泣いています。
息子が病気で産まれ辛い事も沢山ありましたが、どんな病気をもって産まれてきても大丈夫なんだよ。と心から思います。もし、息子が病気でなければ、そうは思わなかったと思います。
ヨッシーてんちょーさんの話を見て
心があったかくなりました。
息子は薬のお陰で成長できています。
そんな事も忘れ、誰かと比べる自分が恥ずかしいです。
めちゃめちゃな文章でごめんなさい。
| プードル | 2012/08/21 11:33 PM |
プードルさん、はじめまして&コメントありがとうございます☆

まずは謝らせて下さい。
以前記事で「せめてクレチン症であれば良いのに…」と思ってしまった事、とても申し訳ないと思っています。
今思えばダウン症は体質、クレチン症は病気ですもんね。
あの時はまだまだ知識がなかったので色々と混乱していた状況ではありますが、クレチン症で辛い思いをしているお子さん、親御さんの事を思わずに書いてしまったことを後悔しています。申し訳ありません…。

温かいお言葉ありがとうございます。
たしかにお互いに色々乗り越えてきたからこそ、「どんな病気をもって産まれてきても大丈夫なんだよ。」と心から思えますよね。
ブログでは公開してはいないのですが、このようなことで悩んでいる親御さんとメールでやりとりしてて、「きっと乗り越えられる日が来ます。気づけば辛い事も良い思い出になります、大丈夫です。」とよく励ましたりしています。
本当におかしな話ですが、今では娘がダウン症で生まれてきたことに感謝の気持ちすら感じる時があります。色々な事に気づけ、そして人間として、また魂のレベルで成長できている気がします。。

プードルさんの息子さんがこれからも元気に成長していくのを心よりお祈りしています(^-^)/☆
| ヨッシーてんちょ | 2012/08/22 4:01 PM |
はじめまして。
出産して9日目の新米ママです。
今とてつもなく怖く、毎日泣いてます。
それは、出産した病院から心臓に雑音と左耳が聞こえずらい。と言われ、専門の病院を紹介されました。
検査に行く時は、軽い気持ちでした。
ですが、心臓に穴が空いていて、すぐにまた再検査の予約をしました。
その時に先生の口から、とんでもなく思ってもなかった言葉、ダウン症でした。
血液検査する事になり、結果待ちです。
いろいろ調べてるうちに、そうじゃない事を願いつつ、症状があてはまる所があり、やっぱりそうだろうと思いつつ、受け入れられず。
今ほんとうに毎日一人泣いてます。
1ヶ月って、すごい時間ですよね。
もうママの私は壊れそうです。
| くじら君 | 2012/08/31 4:15 PM |
くじら君さん、はじめまして!&コメントありがとうございます☆
うちの場合は生まれる前から異常があると宣告されていましたが、それでも実際検査結果が出るまでは希望を抱きつつも不安な毎日を過ごしていましたね。今のくじら君さんとまったく同じだったと思います。
そしてその結果が出るまでの1ヶ月は本当に長かったのを覚えています。
とにかくダウン症に関しての資料を毎晩調べ続けて一喜一憂していました。あの時はノイローゼでしたね。

あれから3年が経ちましたが、今では「あぁ、そんな時もあったなぁ。」と良い意味で良い思い出です。
くじら君さんは今の段階ではまだ理解できないと思いますが、自分は今ではダウン症かどうかという事は関係なくなっています。
不思議に思いますよね。あれだけ悩んで苦しんで死のうかとも思ったことが、今では大したことでないなんて。
"慣れ"もたしかにあるとは思うのですが、でもそれ以上に子供への愛情がいっぱいになり、またダウン症という境遇から様々ものを子供から教わったことに感謝の気持ちでいっぱいで、それらの事で悩んでたことはかき消されちゃいました。

自分が例になっちゃいますが、自分の場合はこんな感じで進んでいきました。

ダウン症とわかり落ち込む→家族の助けもあり比較的早い段階でポジティブ思考に→日々子育てに追われる毎日→笑顔がめっちゃ可愛い→子供がちょっとずつしゃべりだすと可愛くてしかたない→ホント可愛くって仕方ない→ダウン症かどうかはどうでもいい→むしろダウン症で生まれて良かったのかも?→現在

くじら君さんもきっとこうなる事でしょう。。
だから今は苦しいと思いますが、必ず幸せな未来が待っていると信じてください。
今は試練の時です。
でも頑張らなくていいです。今は踏ん張ってください。
また何かあればコメントくださいね(^-^)/
| ヨッシーてんちょ | 2012/08/31 7:11 PM |
ありがとう。
本当にありがとうございます。
| レモーレ | 2012/09/07 12:34 AM |
レモーレさん、コメントありがとうございます☆
そして最後まで読んでいただいてありがとうございました。
同じようなことで悩んでいる親御さんたちに少しでも参考になって、またその道しるべになったら幸いです。
| ヨッシーてんちょ | 2012/09/07 3:50 PM |
妊娠中です。そして、私の名前は優子と言います。優ちゃんという名前に勝手に親近感です。ダウン症だったらと毎日心配でなりません。私も色々ネットで検索しては不安になったり大丈夫と思ったり。産まれてくる我が子に愛情をそそげるか&#8264;まだ何もわからないのに不安だらけです。こちらのブログを拝見して今までで一番強い力をもらった気がします。産まれてくる我が子に対する愛情は、きっと優ちゃんに注がれている愛情と同じように私も注げるはずと。言葉が見つからずおかしな表現になっていると思いますが、このブログに出会えてよかったです。
もうすぐ出産ですが、今から心配していては子供がかわいそうだと思うので今は命をこの世に届ける事を一番に考えて頑張りたいとおもいます。ありがとうございました。
| 優子 | 2012/11/15 2:13 PM |
優子さん、はじめまして!そしてコメントありがとうございます!(^-^)/
同じ"優"ちゃんですね♪

そうですよね、色々と心配は尽きないですよね。自分も生まれる前から"可能性がある"って言われていたので心配ばかりしてました。(でも今思うとそんな心配してたっけ?ってあっけらかんに思っちゃうほどですけどね^^)
大丈夫、生まれたら生まれたで絶対に何とかなりますよ。っていうか考える前に行動を促されるので、気づけばみんな良い母になっているものです。
うちの奥さんなんか娘が生まれる前は「あー、妊娠しちゃったよ。あーあ。嫌だなぁ」なんて言ってて、生まれた直後も「そんなに可愛いかね?っていうか痛いのが勝る」とか言ってましたよ(笑)
でも今となれば「ゆーたーん、スリスリ、チュー」と親バカになりきってますからね。みんなそんなものです。
優子さんは出産前に心配されているということは、その裏を返せばそれだけお腹の子が大事ってことです。絶対に愛情いっぱい注げる良いママになりますよ!

是非優子さんが元気なお子さんを出産されることを心よりお祈りしております☆(こうやって"書く"だけでもそれは言霊のパワーになるはず!)
そして優子さんご家族が幸せになることも!(*^_^*)
| ヨッシーてんちょ | 2012/11/15 4:02 PM |
はじめまして。お腹の赤ちゃんが10週で頸部浮腫が見つかりダウン症の確率10分の1と言われました。(確率は医師の見解で詳しい検査は一切していません)それからそれこそネットで調べまくり、ヨッシーてんちょさんのblogにたどり着き読ませていただきました。オランダのは話は泣いてしまいました。私は医療従事者です。障害のある方を老若男女問わず見てきました。だから凄く…オランダの話は心にきました…。と、言いながらいざ自分がこんな立場になるとショックと不安の板挟み。羊水検査してダウン症なら堕胎…も全く考えなかったわけではありません。結局は仕事も今まで他人事だったんだとそんな自分にショックでした。けど結論はダウン症の検査は一切せず、産むことを決意しました。旦那はダウン症を知らず治るんだろ?みたいな感じでした。説明はしましたが、どこまで分かっているんだか…ヨッシーてんちょさんのようどんな子であっても溺愛してくれるか不安も少しありますが、今はお腹に話しかけてくれています。イタリアに着いてもオランダに着いてもスペインだろうとイギリスだろうと、そこでの幸せを見つけられたら…ヨッシーてんちょさんのような家庭が築けたら理想です。結局何が言いたいのこというとヨッシーてんちょさん家族が羨ましいです(*^^*)長々と失礼いたしました。
| やまめ | 2012/12/10 11:25 PM |
やまめさん、はじめまして!そしてコメントありがとうございます(^-^)/
すみません返信遅くなっちゃいました。。

オランダの話、自分も泣きました。
そして勇気をいただきました。
とても素敵なお話ですね♪

やまめさんは医療現場で働かれているのですね。きっと色々知っている分、様々な葛藤があったことでしょう。。
旦那さん、きっと大丈夫ですよ。お腹に話しかけてくれる程ならきっと今後何があっても理解してくれることでしょう。お腹に話しかけてる時から既にお子さんとの繋がりは始まっていますよ♪

ありがとうございます。ショックは受けたけど今はこんな幸せに生活できてますよっていう参考例になっていればとても嬉しいです。
今後同じような悩みでブログに辿りついた方々の参考になれば幸いです。
うちの娘とは当初オランダへと降り立ちましたが、今はヨーロッパ全土行脚の旅をしています^^
そういう旅を続けながら思ったのが、「子供の可能性って無限大だな」って改めて思いましたね。
先天性の障碍(正確には障碍ではなくて個性だと思っています)を持って生まれてきても、その後の人生でいくらでも変われるような気がしています。逆に健常者で生まれてきてもマイナスな人生を歩んでしまう人は大勢いますからね。
娘が大きくなるまでは娘の人生が豊かになるようなプラス状態にもっていけるように、親としては努力したいと思っています。

長くなりましたが、やまめさん是非元気な赤ちゃんを産んで下さいね。心よりお祈りしてます☆
やまめさんご家族が幸せになりますように☆
゚+.(ノ。^o^)ノ*。☆゚・:*☆
| ヨッシーてんちょ | 2012/12/13 4:17 PM |
来月36歳、現在妊娠7ヵ月です。
不妊治療の末授かりましたが、高齢のため不安で、色々検索していてヨッシーてんちょさんのブログに出会いました。
読んでいて涙が止まりませんでした。
ありがとうございました。
また勇気を貰いに来ます。
ヨッシーてんちょさんとご家族の方の幸せを心よりお祈りしております。


| たんぽぽ | 2012/12/25 9:58 PM |
たんぽぽさん、コメントありがとうございます☆
妊娠7ヵ月の時期だと色々気になっちゃう時期ですよね。。
娘が生まれた時、「こんなことなら生まれてこなければ・・・」なんて思ったりすることもありましたが(←人生一の後悔)、今はそんなこと考えられないほど娘には色々な事を教わり、そしていっぱいの愛情をもらっています。ほんとうちに生まれてきてくれて良かったです。
是非またブログを覗いてみてくださいね。
たんぽぽさんが元気な赤ちゃんをご出産されることを心よりお祈りしています☆(*^▽^*)
| ヨッシーてんちょ | 2012/12/26 4:08 PM |
初めまして。とても興味深く読ませて頂きました。
私はまだ未熟者ですが、今度初めて
ダウン症の疑いのある子のご両親に、染色体検査の話をすることになりました。
少しでもダウン症の事を告げられたご両親の気持ちを知りたくて、このブログに辿り着きました。
検査の結果が出るまでの不安な気持ち、
受け入れるまでの時間、
そしてその後のてんちょさんの優ちゃんを愛する気持ちが伝わってきました。

ダウン症の子を持つお母さんと何人かお話したことがありますが、みんな前向きで、今の現状としっかりと向き合っておられます。
「赤ちゃんは自分を大事に育ててくれて
愛してくれる人を選んで生まれてくる」
と聞いてことがあります。
てんちょさん含め、そのようなご両親を見ていると、
納得させられます。

ありがとうございました。

P.S.最初の優ちゃんの写真めちゃくちゃ可愛いですね!
| k1sh | 2013/02/09 4:24 PM |
k1shさん、はじめまして♪コメントありがとうございます(^-^)/
k1shさんはお医者様(もしくは看護師さん?)ってことですかね?
お医者さんからのコメントはおそらく初めてかもしれません。
こんな拙いブログが何かの約に立てば幸いです。

そうですね、皆さんやはり発覚後はとてもショックを受けるのですが、自分を含め皆それを乗り越え、そして気づけば"大したことではなかった"と思うようになるものですね。
ダウン症がどうこうはあまり関係なくて(厳密には自分たちの老後などの時期はどうなるか若干の不安はありますが)、「この子が元気に育ってくれればそれで十分」なんですね。
うちの娘も僕ら夫婦のところなら安心して育ててもらえると思ってやってきてくれたのだと思います。
現在お陰様で重い病気せず元気に3歳8ヶ月となりました。娘の笑顔を見る度に日々感謝の気持ちでいっぱいです♪

コメント、お褒めの言葉、ありがとうございました☆
| ヨッシーてんちょ | 2013/02/12 4:08 PM |
娘が生まれてからずっと、ブログ拝見させていただいています。
私たちには1歳4カ月の娘がいます。ダウン症です☆ 心臓手術を乗り越え、日々一生懸命生きてくれています。
優ちゃんの愛らしい姿を目にするたびに、「こんな風に、お人形遊びができるようになるのかな〜。」「こんな風に、おばあちゃんとお散歩してくれるようになるのかな〜。」「こんな風に、踊ってくれるようになるのかな〜。」と、希望を抱きます。
優ちゃんに会いたいね… これがブログを拝見しながらの私たち夫婦の口癖となってます(笑) 
ヨッシーてんちょさん、ありがとうございます。ブログから、たくさんの元気と希望をいただいています。
優ちゃん、あなたは本当に天使です☆
| 星子 | 2013/02/12 11:58 PM |
星子さん、はじめまして☆そしてコメントありがとうございます(^-^)/
心臓手術大変でしたね。
うちは内蔵の疾患はなかったため星子さんたちのような苦しさまでは知りません。ただ一生懸命生きる子供への気持ちは同じです。きっと乗り越える壁が高ければ高いほどその子への愛情はとてもとても大きなものになっていくのでしょうね。

大丈夫です!みんな必ずその子自身のペースで大きく成長するはずです☆
ダウン症でも2歳前に既に歩ける子もいれば、うちみたいに3歳半でようやく歩けるようになった子もいる。。そう成長のスピードはみなそれぞれ。それも個性の一つですね。

「優ちゃんに会いたいね…」
是非是非!(*^_^*)
うちはお店やっているので来る日を教えていただければ優ちゃんスタンバイしておきますよ♪(ママが途中から出勤の時は難しいかもしれませんが(^_^;))

星子さん、こちらこそありがとうございます!
こうやって皆さんからコメントいただくことで「少しでも何かの役に立つのならばこのブログを続けていこう!」という活力になります。なんか善いエネルギーの循環ができているような気がします☆
| ヨッシーてんちょ | 2013/02/13 9:11 PM |
こんにちは。以前クレチン症の子供がいます…ってコメントした者ですが覚えてますか(о´∀`о)?
今日はヨッシー様にご相談があります。
クレチン症は見た目は健常者と何らかわりなく過ごせています。
年に何回か採血をし、毎日薬は服用していますが。私は子供がクレチン症だということをお友達には全く言っていません。
かえってくる言葉が「可哀想」だとかそういう事を聞きたくないからです。
幼稚園のママ友は障害がある子をよく可哀想だと言います。自閉症の子の話もよくします。
私は自分の子供が病気で産まれた事で可哀想とか頑張ってるとか、そんな言葉が不要で(;_;)
可哀想だと思った事ないし、私も頑張ってるつもりないし でも、子供は採血した事をベラベラ話すのです(ToT)で、何の採血??と根掘り葉掘り(^^;
テキトーに返していますが、ヨッシー様なら周りの友達に伝えますか?
| プードル | 2013/02/24 10:43 PM |
プードルさん、こんにちは(^-^)/覚えてますよ♪息子ちゃんが採血で泣いちゃうっていってましたよね。その後泣かないようになったかな?^^

さて相談内容ですが、「可哀想」って言われるのはちょっと困りものですよね。「大変だね」ならまだしもなのですが・・。(まあ皆さん悪気はないのでしょうね。(^_^;))
ちなみに僕もプードルさんと同じく今の生活が"普通"なので大変とか思ったことはないですね。

そうですねー、自分の場合は娘のダウン症は"体質"の一つにすぎないと思っているので(アトピーがあるとか喘息持ちとかと同じ感じ)、周りの人には普通にダウン症なんだよと説明していますが、やはり"よく知らない、よくわからない"っていう人の場合は「大変だねー」とは言われることがあります。

そんな時どうするか・・・
一言で言えば、【気にしない(または流す)】ですね。

うちの場合ですとダウン症なので、ダウン症の子供を持っている親にしか理解できない部分が多々あります。なのでそれをダウン症の子供がいない親御さんに話したところで深い部分までは理解はできないと思っているので、「大変だねー」と言われても「いやー、障碍あるないに限らず子育ては大変ですよね。」と言ってその場は流しちゃいます。
別に卑屈になっているとかじゃなくて、障碍があってもなくても同じ"子供"なので、子供という大きなくくりで話せばみな同じなんですよね。。
むしろそのくくりで話していれば、「あ、ダウン症の子供っていっても別に何も変わらないんだね。」と周りの親御さん達が理解してくれ、そしてそれが社会全体につながっていけば、そのうち「あ、ダウン症なんだ。ふーん。」って逆に"普通のこととして"流してくれるようになるかもしれないと思っています。
そんな社会になったらいいですよね(*^_^*)
| ヨッシーてんちょ | 2013/02/25 4:12 PM |

お返事ありがとうございます。
そうですね。聞き流すが一番いいなと思います(^^;
息子は採血泣かなくなりました。
初めはちくっとするけど、痛かったら大きな声でいたいー!!って言ったらいいよ。
あとは楽しい事考えようねと説明すると実践していました。
ヨッシー様のいうように、同じ病気や体質を持った親でしか分からない部分が沢山ありますね。
息子が病気で産まれて初めは泣いて泣いて苦しかったけど、(今でも寝顔を見ては涙が出るときがあるけれど)でもクレチン症の友達ができたり、こうして優ちゃんにも出会えたし 色んな事を学ぶ事ができて息子に感謝です。

| プードル | 2013/03/01 10:32 PM |
プードルさん、コメントありがとうございます☆
なるほど痛いけどその後の気のもっていきかたを教えるのはいいですね。うちも真似します^^

自分も娘がダウン症で生まれてこなかったら今のような繋がりもなかったでしょうし、障碍に関しての関わりあいもきっとなかったはず。そう思うと貴重な体験をさせてくれている娘に感謝せざるをえません。
今はダウン症がどうこう関係なくて娘は娘。ホントそれだけなんですよね。
ある意味で一歩さがった視点で物事が見れるようになった気がします。。

今後もお互いに障碍あるない関係無しに子育て頑張りながら楽しみましょうね♪
| ヨッシーてんちょ | 2013/03/03 12:09 AM |
2013年6月1日、第3子の男の子(次男)を出産しました。私は36歳での出産で、いわば高齢出産でした。ダウン症の子が産まれる確率が高い事は知っていましたが、何の心配もなく出産に望みました。(3人目ということもあり、余裕でした。) が、思わぬ落とし穴がありました。退院前々日、先生から「染色体検査をしてみては?」と突然告げられ、その言葉の意味する事を説明されました。全く予期せぬ事態に、私はただただ涙だけが出てきて…。まさに、ヨッシー店長さんと同じです。検査結果は、やはり1カ月検診の時にとの事で7月3日がその日です。ただ、私の場合100%ダウン症だろうと覚悟しています。我が子は我が子、個性の強い子ってだけですもん。上の子供たちと変わらずに育てていきます。特別扱いはしない、とダンナとも話しています。
これからも、何か情報交換出来ればイイなぁと思っています。
| ライライ | 2013/06/29 1:49 PM |
ライライさん、コメントありがとうございます☆
すみません、返信がおそくなりました。
今日検査結果が出ているとは思いますが、結果がどうであれライライさんの仰るとおり我が子は我が子。お腹を痛めて産んだ我が子には変わりがありません。
うちは兄弟がまだいませんが、上のお子さん達にもきっと良い影響があるはずです。人に優しく、助ける、良いお子さんに育つに違いありません。。
今うちの娘は保育園に通っていますが、やはりみんなよりも体が小さく成長も遅いですが、みんな娘を助けてくれます。きっとライライさんの上のお子さん達も次男ちゃんを助け、手を取り合っていくことと思います。
今すぐ元気を出してとは言いません。でも未来は決して悲観的ではありません。(←これ断言)
次男ちゃんがいることで、きっと色々な経験ができると思います。これは普通の方はなかなかできることではありません。自分はこの経験によって人間的にいっぱい成長できました。
ライライさんご夫婦は既に「特別扱いはしない」と言われているのでとても頼もしいです。
きっと少し時間があけば、ダウン症かどうかであることは実は関係ないことがわかってくると思います。
お互いに子育て楽しみながらがんばりましょうね♪
何かあればお気軽にコメント下さい(^-^)/
| ヨッシーてんちょ | 2013/07/03 3:59 PM |
ブログ拝見しました。涙が出ました。
今日、知り合いにダウン症の子どもさんが生まれたことを知りました。その人は、子どもがダウン症だとわかると、あっさりと、人間としてあってはならない言葉を発したそうです。その話を聞いて本当に信じられない気持ちになりました。
確かにすぐに受け入れることなんてできるわけない。私がその立場であっても苦しむと思います。でも、10ヶ月近く一緒に過ごした我が子をそんな簡単に否定するなんて……一児の母として、許せない思いでした。
その人とは付き合いはほとんどありませんが、いつかこのブログにたどり着き、優ちゃんとご家族の温かさに触れ、前向きに進んで行って欲しいと心から願います。
| 夢子 | 2013/08/27 3:12 PM |
夢子さん、コメントありがとうございます☆
知り合いの方も混乱されていたのだとは思いますが、夢子さんが聞いた言葉というのはよほどの事だったのでしょうね。
人それぞれ価値観や考え方が違うのでなかなか難しいですよね。
自分は娘がダウン症で生まれてきて比較的早い時期にそれを受け入れ、理解することができました。(まわりの家族の支えも大きかったです)
今では色々な事を学ばせてもらって、この記事の頃の出来事は人生においてとても良い体験だったと思っています。
そしてダウン症も娘の"個性"として考え、今はダウン症であるかどうかは関係なくなっています。
でもやはり人それぞれ考え方は違うので、時間が経っても受入れられない人もいるし、重荷に感じてしまう人もいるのも確かです。
それでも我が子は我が子。
今は難しいのかもしれませんが、将来は全てを受入れられ「そんな事もあったなー」と思う日が来ることを信じています。
| ヨッシーてんちょ | 2013/08/28 3:54 PM |
イタリアだけが人生ではないし、、。オランダも楽しいことがいっぱいある国だよ!まず元気で友達とたくさん
あ、そ、ぼ、。優ちゃん僕大好きだよ。ハワイの看板犬になれるよう、英語勉強するね。
| ノーベル賞コウホケンメイゴンサンー | 2013/11/25 11:16 AM |
ノーベル賞コウホケンメイゴンサンーさん、コメントありがとうございます☆
4年半たった今、オランダでの快適な生活に慣れつつある今日この頃です。
生まれた直後の親の不安をよそに、娘は日々元気に成長しております。これだけで本当にありがたいことですね。。
今ではイタリア、オランダとか国ではなく、みんな地球という星に住む子供としか考えていません。視野が広がった今ではそう思うのです。このブログではそんな国の垣根が薄くなっていくような事ができればいいのかなーと思っています。

ハワイってハワイ支店のことですかね?(^_^;)
うちのもぐたはハワイというか飛行機にはまず乗れないでしょうね。ビビリすぎて・・(笑)
| ヨッシーてんちょ | 2013/11/27 3:57 PM |
現在11週の妊婦です。
出産時に35歳ということで、今日の健診で出生前検査の説明をうけ、次回までにどうするか決めて下さいと言われました。
はずかしながらあまり知識がなく、高齢という意識もなかったため、いろいろ調べているうちに、こちらを拝見しました。
中絶するつもりがないから、検査自体うける必要がないのか。でも陽性となったら気持ちは変わってしまうのか。でもこれからだって私の年齢が35歳より若くなるわけでもないし。
正直まだ検査をうけるかどうかだけでもはっきり決めかねています。今日の今日なので、夫にもまだ相談できていません。
そんな状態でこちらを拝見し、どんな子どもが産まれても、子どもや親が幸せかはみんなの心持ちしだいなのかなと思いました。
まさに今のタイミングで、こちらを見させていただいて、本当によかったです。ありがとうございます。
| チセ | 2014/04/26 1:50 PM |
チセさん、はじめまして☆そして色々思われている中コメント頂きましてありがとうございます(^-^)

恥ずかしいことなんてありませんよ、自分もまったく知識がなかったですし、障碍のある人との関わり合いはそれまで一切ありませんでしたから。。

色々考えちゃいますよね。。
そしてきっとそれは男性よりも女性の方が色々と考えてしまうのだと思います。(それが母性本能なのかな?)

自分は娘がダウン症で生まれた時、それを運命として受け入れるようにしていました。(仕方ないよね・・と。)
でも今思えばダウン症で生まれてきたことは、そういうことに関して考える、単なる"きっかけ"にすぎなかったなぁと思っています。
もちろん生まれた当初はショックでしたが、娘のおかげで色々と視野が広がりましたし、人生の厚みが増えました。こういう事に関しては娘にとても感謝しています。

結局のところ、娘がダウン症かどうかよりも、元気に育ってもらえればそれで何よりと今は思っています。
ダウン症はその子の体質であり、それはまた個性でもあると考えています。

チセさん、是非元気な赤ちゃんを産んでくださいね。
チセさんご家族が幸せな日々を過ごせますように☆(*^_^*)
| ヨッシーてんちょ | 2014/04/28 12:28 AM |
23歳の初妊娠です。現在11周目で、今日検診を受けて来たのですが、エコーで赤ちゃんの首のたるみが基準値を超えているから羊水検査を受けるように診断されました。先生に「可能性はほぼ無いけど、ダウン症の疑いがある」と言われて、一気に不安と恐怖でいっぱいになってしまいました。そしてダウン症のことを調べていたらこちらのブログに辿り着きました。読ませて頂いて、優ちゃんのお父さんとお母さんの強さと優しさが溢れていて、とてもあったかい気持ちになりました。そして何と言っても、優ちゃんの満面の笑顔!優ちゃんの笑顔をみて、どんな結果になろうと、絶対にお腹の子を産んで育てると誓いました。無事に産まれて来てくれるように、羊水検査も受けてお腹の赤ちゃんの旅行の行き先を見守ろうと思います☆
| ぐみ | 2014/04/30 10:11 PM |
ぐみさん、はじめまして☆コメントありがとうございます(^-^)/
色々不安な中での書き込みありがとうございました。自分も娘が生まれる前後は不安な気持ちがありましたね。(懐かしい・・)
今月娘は早5歳になりますが、ショックだったのは生まれてから最初の1ヶ月のみでした。その後はダウン症どうこうよりも、娘が元気に育ってくれればそれで良いと思うようになり、今では「あ、優、ダウン症だったんだね。」とふと思い出す程度でしかなくなりました(^_^;)
ダウン症のことも今となれば良い思い出ですね。それよりも娘が教えてくれた事、家族との絆、様々な人との出会い、かけがえのないものを娘はいっぱい運んできてくれましたよ♪
是非ぐみさんも元気な赤ちゃんが生まれる事をお祈りしております☆
| ヨッシーてんちょ | 2014/05/02 3:40 PM |
この言葉しかでません
ありがとうございました
読ませていただき感謝します

ご家族と優ちゃんの
幸せな未来を願って★
| みゆ母 | 2014/05/25 12:31 AM |
みゆ母さん、はじめまして☆コメントありがとうございます(^-^)/
ブログ読んで頂きありがとうございます☆
何かのお役に立てれば幸いです。

ありがとうございます!
ブログは娘が成人するまでは続けていきたいと思っていますので、またどうぞ覗いてみてくださいね♪
| ヨッシーてんちょ | 2014/05/25 10:20 PM |
今日、ダイソーで、ダウン症の方と会いました。

私は、魂レベルで人を見るので、ダウン症の方は好きです。

ダウン症の方は、とても気持ち良いエネルギーを発していると思います。
次元が高いんだと思います。

ある方は、ダウン症は進化した人だと言っていました。
私もそう思います。

愛と喜びの世界になるために、必要な魂がやってきてはるのではないのでしょうか?

そして、その体験を分かち合う事は素晴らしいですね!

子供はまだいないですが、誰かの為にという精神、私も見習いたいと思いました!
| ひめ | 2014/06/07 4:07 PM |
ひめさん、コメントありがとうございます☆
自分もダウン症は進化した人類なのかもしれない・・・と以前ブログに書いたことがあります。(「ダウン症は人類の進化系!?」でブログ内を検索すると記事出てきます)
現代の人類は地球環境になんだか不適合な人が多いようにも思います。
自分の欲望を満たすためなら他人や地球がどうなろうが関係なく行動している人がなんと多いことか・・。

これは勝手な思い込みかもしれませんが、ダウン症の方は欲はあっても、限りない欲というものはないような気がしています。(今まであった方含めて)

人生において何が大切なことなのかということは、うちの娘から沢山の"気付き"をもらって気付かされた事がとても多いです。こういう気付きが世界に広がっていくといいんですけどね。。

必要な魂はやってきてますね。
以前は「過去に戻れれば・・・」と思ったりすることがありましたが、今はそれは思いません。なぜなら今の娘と出会うことができなくなるかもしれないから。

これからも全ての出会いに感謝しながら日々全力で生きていこうと思います。
コメントありがとうございました(*^_^*)
| ヨッシーてんちょ | 2014/06/09 1:30 AM |
初めて読ませて頂きました。
もぅ涙ボロボロです…

私にも今月1歳になったばかりの男の子がいます♪
名前はゆう(^ν^)
性別は違うけど、同じ名前で同じダウン症です。

私は管理人さんとは逆で…ネットで調べる事がとても怖くて、
1年たった今、やっと見られるようになりました。残酷な内容ばかりだろう…と思っていたからです。
まさかこんなに前向きになれるなんて…早く調べれば良かったです。

今、隣で寝ている息子を抱きしめました。
涙が出るばかりです。

もう言葉に出来ません…

そして文章力がなくてすみません(-ω-;)
| ゆうまま | 2014/06/10 12:13 AM |
ゆうままさん、初めまして☆そしてコメントありがとうございます(^-^)/
お互いダウン症で「ゆう」ちゃんなんですね。親近感湧きます♪

うんうん、わかります、残酷な内容や誹謗中傷も多いイメージありますよね。
このブログでもたまに誹謗中傷があったりしますが、それはごくわずか。。
コメント頂く皆さんがとっても良い方ばかりなので、怖いイメージは今はないですね。

僕が書くこのブログで(文章はショボイですけどw)、少しでもダウン症のことを知ってもらって、その子や親御さんが生活しやすい世の中にちょびっとでもなってくれれば幸いだなーと思っています。(なので娘が成人するまでは続けたいですね)

ゆうままさん文章力がないなんて全然そんな事ないですよ。十分息子ちゃんへの愛情が伝わってきます(´∀`*)
子供ってやっぱり可愛いですよね。
自分も安心して眠る娘の姿を見るとギュッとしたくなります。まあ今は「いや」と寝言で言いながらパンチしてきますが・・(^_^;)
是非今後も暖かく見守っていただければと思います。またブログを覗いてみてくださいね♪
| ヨッシーてんちょ | 2014/06/10 3:53 PM |
自分には3人の息子が居ます。次男坊が生まれた時に先生に「ちょっと気になる事があるので染色体の検査しましょう」と言われて、長男の時は何も言われなかったのに何故?何故?と不安でたまらなかった思いが、ブログを拝見させて貰って凄く蘇って来ました!普通に生まれて来る事が当たり前ではないんですよね。このブログを読ませて貰ってほんとに何も無く生まれて来てくれたことに日々感謝して子育てして行かなければと切実に思いました。

ある本に乗ってたのですが子供は親を選べない!と一般的に良く聞くのですが、ほんとは子供が親を選んで産まれてくるそうです。

ゆうちゃんはきっと主さまと奥さまにしっかり私は大切に愛情一杯育てて貰える。と確信してお二人の側に来てくれたんでしょうね!

影ながらゆうちゃんとご両親がほんと笑って過ごされる事を切に願って自分も毎日頑張りたいと思います。
| 天使 | 2014/09/09 10:37 AM |
天使さん、はじめまして☆コメントありがとうございます☆
ブログも色々読んでいただいたようで。。ありがとうございます(^-^)
そうですねー、自分も子供って生まれてくることが普通の事だと思っていました。でも色々な奇跡が重なって初めて生まれてこれるんですよね。。娘の優にはそういう面でとても学ばせてもらいました。そして日々元気に成長できている事がなんと幸せなことかも。。

あ、僕もそう思います。「子供が親を選んで産まれてくる」
ちょっとファンタジーですがw、この世界の外側から「この両親の元だったらきっと幸せになるに違いない」もしくは「この両親ならこの世界で貴重な経験ができるに違いない」と思って、お腹に宿ってくれるのだと自分は思っています。外の世界があるかは証明ができませんが、いわゆるあの世と同じような世界からこちらに来てくれるのかなーと。。

ありがとうございます、こうやって応援頂けると日々頑張ろうと思いますし、ブログも続けていけます。ブログは優が成人するまでは続けたいので是非また覗いてみてくださいね☆
| ヨッシーてんちょ | 2014/09/11 4:24 PM |
ヨッシさん!お返事ありがとうございました!

自分もこのブログ拝見してから凄く元気貰ったので中々大変な日々だと思いますが、気長にゆっくりブログ更新してくださいね(*^_^*)

ゆうちゃんのこれからの成長を楽しみにしていますね(*^_^*)

| 天使 | 2014/09/12 4:01 AM |
天使さん、こちらこそお返事ありがとうございました☆
是非また覗きにきてくださいね♪
明日からまたお店もありますので今週末には新しい記事がアップできるかと思います^^
| ヨッシーてんちょ | 2014/09/12 3:39 PM |
はじめまして。男の子三人の母をしております、はまゆうと申します。先日生まれた三男がクレチン症疑いとのことで、こちらにたどり着きました。うちには広汎性発達障害疑い(診断待ち)の長男と、今まで二回の全身麻酔を要する外科手術をした次男もおります。
それぞれ症状は違えど問題を抱えた子ばかり…なぜ自分だけがこんな目に…と思っていました。

オランダの話、素敵ですね。
今までずっと、イタリアに行けないなら旅行になんて行きたくなかったと思っていた私ですが、未熟さを痛感しました。読みながら、子供たちへの申し訳なさが押し寄せてきました。
今後もきっと、イタリアに行きたかったという思いは忘れられないと思いますが、思ってはいても一度きりの旅行、オランダの素晴らしさを感じられたらいいなと思います。通いはじめた長男の療育も、ポジティブになれそうです。

また、お子さんがダウン症ということ、告知されて…という経緯が、すごく共感でき読みながら泣いてしまいました。長男の広汎性発達障害の可能性を示唆された時、どうか違って欲しいという気持ちと、薄々はそうじゃないかと思っていた気持ち…受け入れたくないのに受け入れるしかない状況…。

今まで何度も、子供のことで壁に当たるたび、このまま死んでしまいたい、子供を置いてこのまま逃げたいという気持ちに駆られていました。毎日不安とイライラで、子供にきつく当たってしまうこともあり、全く良い母とは言えない私ですが、このブログと可愛い優ちゃんの姿にすごく励まされました。
とは言えまだまだ未熟なので、今後もきっと悩んだり取り乱したりしながら子育てしていくんだろうなと思います(⌒-⌒; )
そうなった時には時々こちらのブログを覗かせてください。
支離滅裂なことばかり書いてすみませんm(_ _)m
| はまゆう | 2014/10/18 4:41 PM |
はまゆうさん、はじめまして☆そしてコメントありがとうございます!

そうでしたか、はまゆうさんは僕よりも色々な経験をされているのですね。
なぜ自分だけがこんな目に…と僕も優が生まれた時思いましたが、まだまだ甘ちゃんですね(笑)

オランダの話、僕もすごい勇気をもらいました。
きっと広い視野で見れば、みんな"地球の子"なのですよね。。
僕はそれに気づいてから「元気に成長してくれてるだけでなんて幸せなことなんだ!」と日々感謝の気持ちでいっぱいです。

嬉しいです☆素敵なお言葉ありがとうございます(*^_^*)
優が生まれて早5年半。このブログを続けてきて良かったと思っています。

はまゆうさんは良い母親ですよ。良い母親だからこそ、そうやって悩んで辛い思いをされるのだと思います。
僕はそうやって悩んで辛い思いをした分、将来その分の幸せがあとで還ってくると思っています。
はまゆうさんご家族が幸せな日々を過ごせることをお祈りしております☆
是非またブログ覗いてみてくださいねー(^-^)♪
| ヨッシーてんちょ | 2014/10/19 3:10 AM |
今年、入籍して、嫁が妊娠しました。産婦人科の先生から、出生前診断受ける?と聞かれました。……正直、僕としては受けた方が良いと思いました。ただ、診断をして、わかったから中絶できるか?と考えると……その覚悟が無い自分がいました。そんな時、母親から「生まれてきた子供があなたの子供です。どんな子でも受け入れなさい。」と言われ、今までモヤモヤした気持ちがスッとしました。しかし、それでもダウン症について調べておいた方がいいだろうと思い、調べていたらこのブログにたどり着きました。このブログを読んで、自分が今、不安に思っている事がそのまま書いてあったのでいつの間にか全部読んでしまいました。

オランダの話はとても勉強になりました。もし、僕らの所に、オランダに行きたいという子供が来たら精一杯応援してあげようと思います。
| 双子のたくや | 2014/10/21 5:59 PM |
双子のたくやさん、はじめまして☆コメントありがとうございます!
お母様が真っ直ぐな方でよかったですね。僕もそう思いますよ。
不安はありますよね。自分もそうだったからよくわかります。でも不安がるということは、きっと双子のたくやさんは良いお父さんになると思います。だって生まれる前から心配できる親なのですから。。
是非元気な赤ちゃんが生まれることをお祈りしています☆

僕は娘が生まれた後、悟った事があります。
それは「イタリアもオランダも同じ地球という星にある」ということ。
きっと双子のたくやさんも子育てをしていくうちにわかると思いますが、実は"国"はあまり関係のないことなのです。元気に育てばどこにいようとも地球の子なんです♪
| ヨッシーてんちょ | 2014/10/23 3:51 PM |
はじめまして!
四人目の妊娠がわかり、たまたまブログを拝見しました。
24のときに産んだ長男がクレチンです。
ブログを拝見したとき、ドキっとしました。(変な意味ではないです!もちろん)うちは先天性異常で引っかかり、総合病院で検査だったので、それはそれは泣きました笑
今、長男は6歳
3ヶ月に一度検査はしていて、薬は飲んでいますが、実は私が全く気にしていないので、病気だという認識がありませんでした…
保育園にも伝えてありますが、主治医的には、言う必要もない、とのこと。
発覚したときは、この世の終わりかと思うくらいでしたが、母も強くなりますよね

うちは長女、さらに次男と続きますが、次男の出産のときには、長男の主治医に、先天性検査のことを聞かれました。
性別が、一緒だと可能性があったみたいです。

長々と自分のことばかり、すみません。
四人目は私も30歳なので、少し不安もありますが、優ちゃんの可愛さをチャージしたので、つわりを乗り切ります!

乱文失礼しました…
| 四人のママ | 2015/01/04 11:53 PM |
四人のママさん、はじめまして☆コメントありがとうございます!

うちの娘も当初は甲状腺異常のため薬を飲んでいましたが、今では薬は必要でなくなっています。(一生飲むかもとか言われていたのですが・・・)
子供の生命力ってやはりすごいんだなーと実感しています。。

僕も娘のおかげで強くなれたし、人生において視野が広がったと思っています。
ダウン症で生まれてきた時はたしかにショックでしたが、今では良い思いでです。なんていうか、ダウン症は単なるきっかけでしかなかったというか・・。逆に親としては得られたものがとても多くて、そんなきっかけをくれた娘に感謝しています。

四人のママさん次はどっちでしょうかね?女の子かな?わいわい楽しい家族ってほんと素敵です(*^-^*)
これからつわりで大変かと思いますが、どうぞ無理せず頑張って下さいね♪
今後ともどうぞよろしくおねがいしますー^^
| ヨッシーてんちょ | 2015/01/06 3:42 PM |
こんばんわ。
ダウン症について調べていたらここにたどり着き、拝見させていただきました。

私の兄夫婦に今月男の子が産まれたのですが、数日後母から兄の赤ちゃんがダウン症と診断されたと聞きました。
近くに住んでない為、心配で心配でたまらないけどもなかなか逢いに行ける距離でもありません。
それに、なんと言葉をかければいいのかも正直思いつきません…。
電話してあげたいけれど、きっと私は泣くことしか出来ない。

ヨッシーさんなら、どう声をかけられたかったですか?
私は兄夫婦に何がしてあげれるのでしょうか…。

質問ですみません。

もし良ければお返事待ってます。


| ちゃむ | 2015/04/25 1:01 AM |
ちゃむさん、はじめまして☆そしてコメントありがとうございます!

まずはお兄さんご夫婦に赤ちゃんが生まれたこと、おめでとうございます!

どう声をかけられたかったか・・・

そうですね・・・
ダウン症の子を持つ親であれば、かける言葉も相手に伝わりやすい気もしますが、そうでない方はなかなかかける言葉は難しいところですよね。。

自分の場合は特になにもなかったですが、特別視されることがなくてよかったなぁと思います。(「これから大変だね」みたいに言われること)

うちの近くに義姉が住んでいますが、義姉は「そっか、でも可愛いもんね」と言ってくれました。
ほんとそれくらいでいいのではないかなーと思います。

ちゃむさんができることだと、まずは「理解する」ことが良いことではないのかなーと思います。
ダウン症に関して勉強するのもいいかもしれませんね。

大したアドバイスにはならないかもしれないですが、何かのお役に立てれば幸いです(^-^)ではでは。

| ヨッシーてんちょ | 2015/04/27 12:08 AM |
お返事有難うございます┏○

そうですね。
もっともっとダウン症について
調べようと思います。

そしてできる限りの事を
みんなでやっていこうと思います。

有難うございました(●º&#9584;&#9583;º●)
| ちゃむ | 2015/04/28 11:32 AM |
ちゃむさん、こちらこそお返事ありがとうございます!

まずは知ることから是非頑張ってみてくださいね。
このブログを参考にしてもらっても全然構いませんので。。

また何かあればお気軽にコメントくださいね(^-^)/~

| ヨッシーてんちょ | 2015/04/28 3:32 PM |









この記事のトラックバックURL
http://yoshi-tencho.jugem.jp/trackback/346
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Search
New Entries
Recent Comment
  • フレッツ光のプラン変更だけのはずが、まさかの詐欺まがいへ!?
    ヨッシー店長 (06/21)
  • フレッツ光のプラン変更だけのはずが、まさかの詐欺まがいへ!?
    2017 (06/17)
  • 飲食店経営のリスクとデメリットとは?5年目現役カフェオーナーが本当のリスクを教えます
    ヨッシー店長 (06/12)
  • ダウン症児の親が教える本当の原因と15の特徴
    ヨッシー店長 (06/12)
  • 優ちゃんの検査結果
    ヨッシー店長 (06/12)
  • 飲食店経営のリスクとデメリットとは?5年目現役カフェオーナーが本当のリスクを教えます
    tram (06/12)
  • ダウン症児の親が教える本当の原因と15の特徴
    happy (05/29)
  • 優ちゃんの検査結果
    まゆみん (04/21)
  • フレッツ光のプラン変更だけのはずが、まさかの詐欺まがいへ!?
    ヨッシー店長 (03/24)
  • フレッツ光のプラン変更だけのはずが、まさかの詐欺まがいへ!?
    totodes (03/24)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links