プロフィール
ヨッシーてんちょの詳しいプロフィールはこちら♪ 【名前】ヨッシーてんちょ
【年齢】40歳
【趣味】子供と犬と遊ぶ、スノボ、映画、音楽、インテリア、料理
【家族】ヨガ先生の妻、育ち盛りの長女、赤ちゃんの次女、柴犬のもぐた
【将来の夢】カフェガパオを有名店にして最終的にはハワイ支店を作る♪
お知らせ
お店のブログができました♪
カフェガパオ

ここのヨッシーてんちょの部屋を「ダウン症 特徴」というキーワードで来てくれている方が結構いるみたいなので、初めて来た方でもわかりやすいように新たに
娘がダウン症と診断されるまで…
というカテゴリを作りました。
ダウン症優の娘がダウン症と診断されるまで

その他
元ネットショップ店長のヨッシーてんちょだからこそ、満を持してオススメできる超お得カード★
ヨッシーてんちょもヘビー使用の楽天カード☆
ヨッシーてんちょがオススメする理由は…⇒
申し込み・詳細は↓コチラから



にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダウン症児育児 ブログランキングへ
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
沖縄で借りたコンドミニアムがコスパ最強だった!しかも目の前は絶景ビーチ

「ヨッシーてんちょの部屋ダウン症優の成長日記」をご覧の皆様、いつもご訪問ありがとうございます! ヨッシー店長です。

 

先日、自分の仕事の絡みで沖縄へ行ってきました。

 

今回はホテルなどではなく「コンドミニアムタイプの部屋」に滞在したのですが、そこが予想以上に良いコンドミニアムでした。

 

今回の記事ではそのコンドミニアムが「どう良かったのか?コスパは?アクセスは?周辺環境は?」などの情報を実体験をもとに紹介しています。

 

「綺麗なビーチの目の前・沖縄美ら海水族館に近い・食事代を極力抑えたい・絶景ビーチのある離島にすぐ行きたい」という人は是非見てみて下さいね♪

 

詳しくは新ブログ「ヨッシー店長の家」で☆
↓ ↓ ↓

 

沖縄のコスパ最強コンドミニアム

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

カメラスマホページ下部で不定期更新ギャラリーやってます♪

 

↓あなたにとってお役に立った場合のみポチっとお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

 

■人気カテゴリ ■お知らせ一覧 ■今日のゆう

posted by: ヨッシーてんちょ | ヨッシーてんちょの徒然日記 | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) |-
モットーは役立つ!面白い!新ブログではこんな記事も書いてます

「ヨッシーてんちょの部屋ダウン症優の成長日記」をご覧の皆様、いつもご訪問ありがとうございます! ヨッシー店長です。

 

新ブログ「ヨッシー店長の家」を開設後、優と翠の成長記録以外にも様々な記事を書いています。

 

基本的には「役に立つ・面白い」をモットーに書いています。

 

まだまだ文章力の弱い記事たちでありますが、もし気になったら新ブログも覗いてみて下さいね♪

 

以下いくつか抜粋してリンクを貼っておきます嬉しい

 

 

salaryman-retirement-half-year-eyecatch.jpg

「40歳親父がサラリーマン退職半年後どうなった?生活は?収入は?」

 

 

「子供が長期休暇に入って仕事時間が激減!6つの対処法で改善できた話」

 

 

instagram-hashtag-insert-method-eyecatch.jpg

「インスタグラムでハッシュタグをまとめて挿入する方法 簡単2ステップ」

 

 

spam-mail-method-eyecatch.jpg

「誹謗中傷する迷惑メールやコメントの対処方法と無敵になれる考え方」

 

 

tarareba-regret-eyecatch.jpg

「東京タラレバ娘「タラレバ言ってたら後悔して死ぬ」←その通りだと思う」

 

 

cooking-ambiguous-words-salt-eyecatch.jpg

「塩少々ってどれくらい?何g?料理の曖昧な言葉を写真と動画でプロが伝授」

 

 

zishin-kokuzi-eyecatch.jpg

「800・1600年代と酷似!?日本の地震歴史から今後の巨大地震を予測」

 

 

rakumachi-biz8-final-episode-eyecatch.jpg

「ビジネスに役立つ『RAKUMACHI BIZ8』の最終回をまとめてみた」

 

 

 

 

 

 

 

カメラスマホページ下部で不定期更新ギャラリーやってます♪

 

↓あなたにとってお役に立った場合のみポチっとお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

 

■人気カテゴリ ■お知らせ一覧 ■今日のゆう

JUGEMテーマ:日記・一般

posted by: ヨッシーてんちょ | ヨッシーてんちょの徒然日記 | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
翠は2歳に☆新ブログ「ヨッシー店長の家」開設!

「ヨッシーてんちょの部屋ダウン症優の成長日記」をご覧の皆様、いつもご訪問ありがとうございます! ヨッシーてんちょです。

 

先日の2月25日で翠(通称:おすいこ)は2歳になりました。

 

おすいこ2歳

 

無事に2歳を迎えられたことに感謝です☆

 

 

・・・と、ここでいきなり話がガラッと変わってしまうのですが、ヨッシーてんちょの新ブログ「ヨッシー店長の家」が出来た事をお知らせ致します。

 

上記の翠2歳の話も、その新ブログの方で書いていますので、よかったらそちらをご覧下さいね↓

 

ヨッシー店長の家

 

 

今回新ブログを立ち上げた理由は、「1000記事以上あったブログを新たに一から作り直すことに決めた理由」でも書いているのですが、簡単に書くと「無料ブログの限界を感じて、どうせ情報発信していくならきっちりやっていきたい」という心情になったためです。

 

まだ新ブログではほとんど記事を書いていませんが、今後は新ブログで記事を書いていく予定です。

 

今までの姉妹ゆすい(優&翠)の話の他、優の7歳までのまとめ記事、自分が持っているノウハウ情報(デザイン、ネットビジネス、カフェの継続方法などなど)、今後は「役に立つ情報」をメインに発信していきたいと思っています。

※あ、でも真面目な話半分、バカな話半分くらいの割合です(笑)

 

これは個人的な考えですが、役に立つ情報を発信していれば、いずれはそれが回りまわって自分や家族の成長に繋がっていくように思っています。

 

ちなみに新ブログから「てんちょ」ではなく「店長」にランクアップしています(笑)

新ブログへの切り替えのタイミングと、自店のカフェガパオを4年半経営しているなどの理由から、今回「店長」にしましたたらーっ

 

今後はどうぞヨッシー店長の家を宜しくお願い致します。

 

PS:最近「Instagram(インスタグラム)」も始めました。「yoshitencho_insta」というユーザー名でやってますので、インスタをやっている方は是非フォローをお願いしますラッキーラブ

 

 

 

 

 

 

 

カメラスマホページ下部で不定期更新ギャラリーやってます♪

 

↓あなたにとってお役に立った場合のみポチっとお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

 

■人気カテゴリ ■お知らせ一覧 ■今日のゆう

posted by: ヨッシーてんちょ | ヨッシーてんちょの徒然日記 | 22:06 | comments(5) | trackbacks(0) |-
妊婦への嫌がらせ(マタハラ)対策を「あるデザイン」で考えてみた

「ヨッシーてんちょの部屋ダウン症優の成長日記」をご覧の皆様、いつもご訪問ありがとうございます! ヨッシーてんちょです。

 

突然ですが、皆さんこのマークはご存知でしょうか?

 

マタニティーマーク.gif

 

そう、「マタニティマーク」です。

 

マタニティマークとは、「妊産婦さんにやさしい環境づくり」を推進する厚生労働省から提案されているマークです。

外見ではわかりにくくても、このマークを付けていればその人が妊婦さんであるということが一目でわかります。

 


実は以前からこのマタニティマークで起こっている社会問題が、ずっと自分の中に引っかかっていました。


それは、このマタニティマークを付けていると、一部

「妊婦さんが負い目を感じたり、安心できなかったりする」

ということです。


2014年の年末、流行語大賞のノミネートに「マタハラ」が入った時にも少し話題になった話でもありますが…

 

妊娠初期、マタニティマークをバッグに付けて電車に乗ると、乗降中に足をかけられたり、満員電車内で不必要に腹部を圧迫されるなどの嫌がらせを受ける可能性がある。
だから「妊娠しているけどマタニティマークはあえて付けない」という人が結構いるのだという…

 

にわかには信じがたい話ですが、うちの妻も「あー、なんとなくわかる気がする…世の中にはそういう人もいるかもしれないよね」と言っていました。

また、ネット上ではこのマタニティマークを付けている人に対して「長年不妊治療している人に幸せアピールをしているようで失礼だ!」「マタニティマークを付けて標的になっている人の方が問題(前述の嫌がらせなど)」などの意見も散見されます。


なんていうか、これってすごく悲しい社会ですよね…。


もちろん人それぞれの環境もあるし、色々な意見があっていいとは思いますが、それでもやはり「妊婦さんが負い目を感じたり、安心できない社会」って、絶対健全な社会ではない気がするんですよね…。

 

この事がずっと自分の中でモヤモヤしていました…。

 


そこで、自分なりにどうやったら「妊婦さんが負い目を感じないで安心できる社会にできるのか」をちょっと考えてみました。(別に上から目線ではなく純粋にどうやったら?と疑問が沸いたため)

 


自分の中で出した答えは…

 

「例え知らない妊婦さんだったとしても、妊婦さんに出会えた事自体がハッピー♪となる常識を根付かせる」

 

というものでした。

 


ちょっと分かりづらいかと思いますが、例えでいうと「妊婦さん=御利益のある神社 → 出合ったら良い事が起こる」みたいなイメージです。(ってこれだと余計意味不明かもw)

 

とにかく、妊婦さんが社会にとっても個人にとっても絶対的な「善の存在」となれば、誰しも「妊婦が煩わしい」だなんて思わなくなると思うんですよね。

例えば伊勢神宮を例に出すと、「伊勢神宮の存在が煩わしい」なんて考える人はほぼいないと思います。

 


では実際に妊婦さんを「出会えればハッピーになれる存在」にするにはどうすればいいのか?


ちょっと話が逸れますが、皆さんには「既に亡くなっていて、できるならもう一度逢いたい人」はいますか?

親族、友達、恋人、伴侶…

自分は突然死した父に逢えるなら、もう一度逢いたいですね。


そして立て続けにもう一つ。

皆さんは「輪廻転生」を信じていますか?


輪廻転生(りんねてんせい)

死んであの世に還った魂が、再びこの世に生まれ変わってくることを言います。


輪廻転生が実際に存在するか否かを証明することはできません…。

でもここでは仮に、この輪廻転生があったとします。

 


想像してみて下さい・・・


あなたの知っている親しい人が亡くなりました。

 

とてもとても悲しい心境です。

 

でもその亡くなった人は、姿は変われど、再びこの世に生まれ変わってきます。

 

道端で妊婦さんに出会いました。

 

妊婦さんのお腹の赤ちゃんが、自分のその親しい人の生まれ変わりだったとしたら、あなたはその妊婦さんをどう思うでしょうか?

 


話を本編に戻します。


つまり、
妊婦さんのお腹の赤ちゃんが「自分の親しい人の生まれ変わり」と考えることができれば、誰しもが妊婦さんに優しく接することができるのではないか?
という考えです。

 

妊婦さんに嫌がらせをしてた人だって、その赤ちゃんが大好きだったお母さんの生まれ変わりだったとしたら、きっと嫌がらせなんてできないことでしょう。

 

=(イコール)、親しい人に再び出会えたということで、ハッピーな気分になるかもしれません。

 


今回この考えを「一つの形」としてデザインしてみました。

 

 

Reborn.jpg

 

Rebornは「生まれ変わり」を意味します。

 

This baby may be the person whom you know.は、英訳すると「この赤ちゃんは、あなたが知っている人なのかもしれません」です。

 

※画像はフリーです。どこかで使ってくれたら嬉しいです。
※商品などへの二次使用は不可、透過pngデータなどが必要な場合はこの記事のコメントへお書き下さい。


『Reborn』はデザインの一つでしかありませんが、もしこの考えに賛同できる方がいたら、違うデザインを考えてくれたら嬉しいです。

そして、妊婦さんに出会えること自体が「ハッピーな事」となるような社会になってくれたら嬉しいですね♪

 

 

ちなみに今回この『Reborn』のデザインを、スマホケースにしてみましたラッキー

 

スマホケースにしたのには理由があって、最初の話で出ていた「マタニティマークが出せない」ということから、せめてこの「Reborn」をその替わりにできたらいいなと思い、スマホケースにしてみました。
電車内でもスマホケースの背面で、さりげなくアピールできると思ったからです。(まあ英語が読めないと意味無いのですが…たらーっ

 

自分は実際に「iPhone6/6s 側表面印刷スマホケース ツヤ有り」を購入して使っていますが、プラスティック素材がかなりしっかりしているので、頑丈なスマホケースとしても気に入ってます♪

Reborn手持ち写真.jpg


『Reborn』は現在「ChariT」というサイトで販売中です。

 

ChariT

 

 

今回デザインした『Reborn』でちょっとでも社会が変わってくれたら嬉しいですが、現実はとても難しいことでしょう。。

 

でも…それでもほんのちょっとだけ「妊婦さんが負い目を感じないで安心できる社会」に変わる"きっかけの一部"になってくれたら嬉しく思っています。


「今日は妊婦さんに出会えた!良い一日だったな♪」

そんな事を自然と思えるような世の中になったらいいですねニコニコ


今日も最後までありがとうございましたわーいぴかぴか

 

 

 

 

 

 

 

カメラスマホページ下部で不定期更新ギャラリーやってます♪

 

↓あなたにとってお役に立った場合のみポチっとお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

 

■人気カテゴリ ■お知らせ一覧 ■今日のゆう

posted by: ヨッシーてんちょ | ヨッシーてんちょの徒然日記 | 20:39 | comments(4) | trackbacks(0) |-
夫婦でWインフルエンザ!今回のはマジキツかった…

「ヨッシーてんちょの部屋ダウン症優の成長日記」をご覧の皆様、いつもご訪問ありがとうございます! ヨッシーてんちょです。

 

「体調不良に気を付けます!」と今年に入って既に何度も言っている自分ですが、早くも2回目の失敗!ショック

 

タイトルの通りなのですが、先週の火曜〜土曜日、夫婦同時にインフルエンザに罹って寝込みましたたらーっ

 


先週の月曜日の朝、翠の体温を計ってみると37.6度とやや熱がありました。
本人は比較的元気でしたが、午後になり少し辛そうな仕草を見せたので、とりあえず近所の病院へ行くことにしました。

夫婦でインフルエンザ00.jpg

 

検査してみると、「インフルエンザA型です」とのこと。

そう、今年猛威を振るっているインフルエンザにまんまと罹ってしまいました。
やはり保育園はもらいやすいようですね。。
流行はPPAPだけよかったのに…たらーっ

 

この後、夜に38度台までは熱が上がったものの、次の日には熱も下がり、ケロッと元気になりましたラッキー

今回おすいこ(翠)はインフルエンザに罹りましたが、重症化しなかったのは不幸中の幸いだったかもしれません。

 


問題は僕ら夫婦。

 

火曜日の朝、起きると二人とも喉に違和感が。

 

その後まず自分の方に異変が発生。いつも通り寝たはずなのに、尋常じゃないくらいの睡魔に襲われました。キツすぎてその日の夕方にはベッドに入ることにしました。ベッドに入ると同時に寒気と発熱が始まりました。

 

この時、妻にはまだ症状が出ていなかったので、子供たちの夕飯等はいつも通り用意することができました。しかし妻もその日の夜に自分と同じように寒気と発熱が発症。

 

ここからは久々に苦しみましたたらーっ

 

寒気で常に体は震え、手足はずっと冷たいまま。
熱は37度台と39度台をいったりきたり。
全身の筋肉に鈍痛があり、特に腰周りの筋肉がカッチカチになってどんな方向で寝ても常に痛みが発生。痛みが続きすぎて途中で気を失うも、また痛さで目を覚ます…。この繰り返しが約60時間続きましたムニョムニョ

 

久々にずっと痛みが続くものだから「あー、もう時間をぶっ飛ばしたい!!」と何度思ったことかたらーっ

しかもこの間、おすいこはインフルエンザの治癒証明が出るまでは保育園に通えないためずっと家に常駐、優は元気だったので小学校へ通っていましたが、行き帰りは親の付き添い有り。
そう、ただ寝ていればいいという状況ではありませんでしたたらーっ

 

水曜日に病院へ検査に行ったのですが、結果は夫婦とも

 

「インフルエンザA型+溶連菌+マイコプラズマ」

 

という訳の分からないさ3連コンボでした。(多分もう一個症状が出たら真空波動拳が打てたと思うたらーっ

 

これが夫婦同時に起こったので、家の中は結構な地獄絵図でしたね汗

日曜日に残った食べ物がそのまま数日間放置されてたり、異臭のするゴミ袋がパンパンになっているのに捨てに行けない、優&翠のおもちゃ乱舞で部屋がゴミ屋敷化…

家の中が映画「第9地区」のスラムのようになりかかっているのはわかっている、わかっているさ、わかっているがそれを放置せざるをえない状況だったのです、夫婦で…たらーっ

 

ちなみに優&翠、おもちゃ散らかし放題でも怒られないことをいいことに「キャッキャッ」言いながら楽しそうにしていましたたらーっ

 

夫婦でインフルエンザ01.jpg
「ふふふ、わたしは今回無傷ね」

 

 

今回の事で思いましたが、やはり夫婦同時の病気は大変なことになりますね。

 

まあでも同時とはいえ、お互いにキツイ時間の波に時間差があったので、少しでも楽な時にどちらかが子供の相手をして、なんとか凌ぐことができました。

 

同じような状況の時、シングルファーザーやシングルマザーはもっと大変なんだろうなと思いました。自分の言う辛さなんてまだまだ序の口なのかもしれません…。


土曜日には全快時の半分くらいまでに回復し、現在(日曜日)はこうやってブログ記事を書けるほどまでに復活しました。
でも流石に店は営業できず臨時休業となりました。(お客さんにうつすわけにもいかないので…)

 

しかしこの丸5日間何もできずじまいでしたが、久々に長時間寝れて(痛かったけどw)逆に疲れが取れたかもしれません。っていうことにしておこう!たらーっ
明日からまたバリバリ自分の仕事を進めなくては!パンチ
今月からこの4ヶ月間の仕事の成果を少しずつアウトプットできそうなので、何かあればこちらのブログでも少しだけ報告していきたいと思います。

 


しかしながら、おすいこが保育園を卒園するまで、あと4年…。(長っ!)

流行り病に振り回される日が今後まだまだ続きそうですね…たらーっ
もちろん優の小学校も例外ではないのですが…たらーっ

 

夫婦でインフルエンザ02

「まだまだ病気しますよー」

 

こ、怖ぇぇ・・・。ムニョムニョ

 

 

 

 

 

 

 

カメラスマホページ下部で不定期更新ギャラリーやってます♪

 

↓あなたにとってお役に立った場合のみポチっとお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

 

■人気カテゴリ ■お知らせ一覧 ■今日のゆう

posted by: ヨッシーてんちょ | ヨッシーてんちょの徒然日記 | 00:17 | comments(6) | trackbacks(0) |-
カフェガパオでプチ同窓会♪同級生ってやっぱ良いものだなぁ

「ヨッシーてんちょの部屋ダウン症優の成長日記」をご覧の皆様、いつもご訪問ありがとうございます! ヨッシーてんちょです。

 

突然ですが、みなさん同窓会って行ったりしますか?

 

自分は未だかつて一度も同窓会なるものに行ったことがありませんたらーっ
※あ、ここで言う同窓会とは、店やホテルの部屋を貸し切るような大きめの同窓会です。

 

ということで、今日は同窓会の話。

 


去年の秋頃、高校の同窓会の招待状が届きました。

 

一瞬参加しようか迷ったのですが、「繋がりのある同級生以外、会ってもなぁ…。っていうか、え?君、誰?とか言われたらどうしましょうw」と頭をよぎりたらーっ、結局参加の有無を出さないまま年末になりました。

 

年末、大掃除で書類の整理をしてたら、その同窓会の招待状が再び出てきました。(それまで完全に忘れてた)

 

再度、招待状の詳細を見てみたら、開催日が土曜日になっていました。
土曜日は店の営業があるので、どちらにしろ参加ができません。

 

「まあご縁がなかったということで…」と思って招待状を処分しようとした瞬間、「卒業生専用ページ」という文字を発見。

 

「へー、そんなページがあるんだな…」
ちょっと気になったので、ページにログインしてみました。

 

専用ページには、卒業アルバムの写真の他、「このページに来た人情報」や「掲示板」などもありました。

 

このページに来た人情報で同級生の名前を見たのですが…
「・・・うーん、やはりほぼ覚えてないたらーっ

 

いまだに繋がりのある友達は、家族ぐるみで新年会をやるほど仲は良いのですが、それ以外の同級生は"過去の知り合いレベル"になっていましたたらーっ

 

ちなみに自分の場合、高校時代の記憶はほぼなく、せいぜい部活(テニス部)を頑張ってたなくらいしか印象が残っていません。

 

というか、高校時代は「生きている目的って何なんだろう?」「何も考えずにただ大学に進学するだけで本当にいいのだろうか?」「これから自分はどう生きていくべきなのか?」など日々自問自答を繰り返し、人生に関して悩んでいました。
いわゆる「楽しい青春時代」は、ほぼありませんでしたねたらーっ

 

別にイジメられてはいなかったし、部活も楽しかったのですが(テストは嫌いだったラッキー)、なんか周りのみんながただただ「大学入試に受かるためだけの勉強」しかしていない状況に引いてしまって、拒絶感が強かったのかもしれませんね…。(23年前はまだまだ学歴があればなんとかなるという風潮がありました)

 

すみません、脱線しましたたらーっ

 

で、その専用ページには掲示板があったのですが、既に色々な人の書き込みがありました。
案の定、自分が知っている名前はありませんでしたてれちゃう

 

盛り上がっている掲示板に書き込むのも場違いかなと思いつつも、「まあこのページを見たのは、何かのご縁だろう…」と思い、一文残すことにしました。

その一文がコチラ↓

 

「こんにちは。(ヨッシーてんちょの本名)です。年末の掃除をしていたら同窓会の招待状を発見。せっかくなのでちょっと書き込んでみました。残念ながら土曜日は自店営業なので参加が難しいです。ちなみに現在柏市手賀の杜で「カフェガパオ」という店をやってますのでよかったらお越し下さいね。(宣伝かーいw)」

 

そう、宣伝しときましたウィンク ちゃっかりねたらーっ

 

個人事業主になりたてだったこともあって、「昔の繋がりを増やすのもいいかもなー。まあ、ご縁があれば誰かと面白いことができるかもしれないし…」という「スケベ根性ありあり」で書き込みをしておきましたたらーっ


そして少し時が流れ・・・

 

1/21(土)店の営業中、一件の電話が入りました。

 

「あのー、明日予約をお願いしたいんですけど…。あ、(ヨッシーてんちょの本名)君とは高校の同級生でして、Tと言います…」
という予約を受けました。(予約を受けたのはうちの妻)

 

妻からその話を聞いて、
「はて?T君?誰だっけ?まったく覚えていない…」

 

どうやらそのT君は、前述の掲示板を見て店の存在を知ったようです。

 


そして次の日の日曜日、そのT君が来店しました。他、3名とご来店。

 

入店直後まず第一声、
T君「あー、(ヨッシーてんちょの本名)君、見たことある!」
ヨッシーてんちょ「(・・・?、え?誰?)あ、今日はご来店ありがとうございます…」

 

T君は自分のことをなんとなくだけど覚えていたようなのですが、自分はまったく覚えておらず…。ほぼ初見の感じでしたたらーっ

 

ちょっとまごつきながらも席へ案内。
その後はしばらく店内が忙しかったので相手ができなかったのですが、ようやく店内が空き、彼らがいる客席へ。

 

話を聞いてみると、他3名も同じ高校の同級生ということがわかりました。(それくらい面識無したらーっ 1人だけ1年生に同じクラスだった)


どうやら年始にやった同窓会で久々に会って、「じゃあ今度(ヨッシーてんちょの本名)君の店に行ってみよう」ということになって来てくれたとのこと。

何気にスケベ根性が役に立ちましたねあっかんべー

 

卒業アルバムも持ってきてくれたので、あーだこーだ言っている間にあっという間に時間が過ぎました。

ほとんど面識のない同級生とはいえ、共通の話題があると意外とそれだけで盛り上がれるものですねニコニコ
そして忘れていた記憶も、徐々に思い出すものですね。

一時とはいえ、久々に楽しい時間を過ごせました♪

 

しかも同窓会に参加した全員のLINEグループを教えてもらったので、結果として見込み客が増える形となりましたぴかぴか(LINEグループには100名以上が登録していました)

 

プチ同窓会01.jpg

 


話は長くなってしまいましたが、今回書きたかったのは、

 

「何が、どこで、どう繋がるかは、わからない!」

 

ということです。

 

今年の目標の一つに「もっと人との繋がりを増やしていく」という目標もあるので、今回のような出会いは大事にしていきたい、そう思った週末でしたニコニコ

 


そういえば、優は学校でそこそこ人気者らしく、学年関係なく「ゆうちゃーん」と可愛がられていますラッキー
先日も近所のお姉ちゃんから風船をもらいました。

 

優が同窓会に参加する時、皆から「ゆうちゃーん!」と覚えていられる女性になってくれたらいいなーと思います。
優には長生きしてもらいたいなニコニコ

 

プチ同窓会00.jpg

 

 

 

 

 

 

 

カメラスマホページ下部で不定期更新ギャラリーやってます♪

 

↓あなたにとってお役に立った場合のみポチっとお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

 

■人気カテゴリ ■お知らせ一覧 ■今日のゆう

JUGEMテーマ:日記・一般

posted by: ヨッシーてんちょ | ヨッシーてんちょの徒然日記 | 20:11 | comments(4) | trackbacks(0) |-
年始の優翠と2017年の抱負

「ヨッシーてんちょの部屋ダウン症優の成長日記」をご覧の皆様、いつもご訪問ありがとうございます! ヨッシーてんちょです。

 

遅くなりましたが・・・

皆様、去年も本当にお世話になりました。 
今年もどうぞよろしくお願い致しますニコニコぴかぴか


年明けは親戚回りをし、それ以外の日は家族のんびり過ごす日が多かったです。

まずはダダッと写真でご紹介♪

 

優と翠は叔父さんといっぱい遊んでもらいました。

2017年年始のゆすい00.jpg

 

僕の従姪(いとこめい)のお世話をして、ちょっとお姉さんぶる優。

2017年年始のゆすい01.jpg

 

白鳥に威嚇され、その後服を食べられる優。

2017年年始のゆすい02.jpg


水鳥さんの動向が気になる翠。

2017年年始のゆすい03.jpg


優は余裕ですが、翠もこれくらいの高さなら登れるようになりました。

2017年年始のゆすい04.jpg


例年通り、近所の神社に初詣にもいきました。良いことあるかな。。

2017年年始のゆすい06.jpg


何個か進めているビジネスの一つで、マスクマンになったヨッシーてんちょ。

2017年年始のゆすい05.jpg

※ツッコミどころはあるかと思いますが、今はスルーしてください。決して変態仮面ではありません(笑)


1/4(水)からは、妻も仕事開始、翠も保育園再開となりました。優も1/10(火)は小学校の始業式ですね。
自分も子供たちが日中居なくなった1/10以降が本格的な仕事復帰となりそうです。

 


寒い日が続いていますが、皆さんは体調は大丈夫でしょうか?

私事ですが、1/3(火)あたりから、また風邪をひいてしまいました…。


去年の9月以降、小さい体調不良を含めると、今回が4回目…。近年まれにみる多さです。

会社を退職して、それまで張っていた気が、一気に抜けたからですかね…。

もしくは、今までの蓄積疲労の反動がきているのか…。

 

何にせよ、体調管理も仕事のひとつなので、しっかり食べて、しっかり休んで、無理しない仕事量を見極めなくてはいけないですね。(年初めいきなり反省です汗

 

 

 

さて、いつも年始のブログ記事には今年の抱負を書いているのですが、今年は以下のような年にしたいと思っています。

 

仕事面

「まずは収入の確保!」と言いたいところですが、これはまだまだ当分先の事になりそうですムニョムニョ
何かを生み出して、それが利益になるまでには、何事にも時間がかかります。
退職時に「リミットは1年間。それまでに結果が出なかったらアルバイトでもいいので仕事をする」と決めています。
なので、生活費に関してはしばらく貯金で対応するしかないですね。
でも目標としては、年内に「サラリーマン時の月給と同じ収入を得る」です。頑張ります!モグモグ

 

また、去年末の記事にも書きましたが、仕事に「面白い事」を取り入れたいと思っているので、それも実現させたいですね。
前述のマスクマンもそれの一部なのですが、あ、まあ今は触れないで下さいたらーっ

 

あと、収入ももちろん大事なのですが、「誰かの役に立ちたい」という気持ちもより一層強くなっています。
このブログを続けている理由の一つでもありますが、「ブログ以外でもできることがあるのではないか?」と思っているので、今年中に形にできればと思っています。とりあえず週一回ですが近所のゴミ拾いをやっているので、こんな形でどんどん幅を広げていければと思っています。

 

 

健康面

前述の通り、最近体調を崩すことが多いので、体調管理の強化をしていこうと思っています。
早い段階で仕事のルーティーンができあがって、生活スタイルが固定されるといいんですけどね。

 

体調不良により今年はまだジョギングにいっていないのですが、ジョギングも最低週2日は行く目標にしています。
冬を越せばもう少し回数は増えるかも…。

 

ちなみに少し前に「体重・体脂肪がヤバイことになっていた!?4年ぶりにジョギング復帰するも…」という記事の中で、
「年内の目標は、体重67kg、体脂肪率17%台が目標」と書きましたが、実際は・・・

 

12月中旬時点で
体重:68.8kg
BMI:23.0
体脂肪率:16.0(標準の下)
内臓脂肪:8.5レベル(標準の中)

という結果でした。

 

体脂肪率は減ったものの、体重はなかなか減らないですね。(もしかしたら筋肉に変わりつつ重いのかもと信じたいふぅ〜ん

この2週間まともに走ってないのと、正月の暴食でリセットされてたりして…たらーっ

 

 

家族面

去年の後半3ヶ月間は、家族との時間を多くとっていました。それまでほぼ仕事漬けだったので…。

 

今年は、引き続き家族との時間も大切にしつつ、極力メリハリをつけて生活していこうと思っています。
例えば、遊びに行った先では仕事の事は忘れて全力で子供と遊ぶ、ご飯時はテレビを消して家族の会話を増やす、妻を含め子供たちも休みの日は仕事をしない、など。

 

前にも書きましたが、今年は子供たちに体験学習もさせてあげたいですね。
暖かくなってきたら色々イベントも出てくると思うので参加します!(まずはイチゴ狩りから)
あー、でもスノボ好きな自分としてはゲレンデに連れていきたいな…たらーっ

 

もぐたが亡くなってから早5ヶ月が経ちました。
もぐたロスが薄まってきたとはいえ、やはり傍に居ないのは寂しいものです…。


もぐたが居ないのが寂しくて、年始の親戚の家に来ていたトイプードルを抱きしめたら、驚かれて噛まれましたたらーっ(あ、ワンコは知らない人に急に抱っこされると驚いて噛まれる可能性もあるので注意です)
ちなみに自分は愛玩動物飼養管理士の資格持っているんですけど、わかっていながらワンコの温もり誘惑には勝てなかった…たらーっ

 

でも、やっぱワンコの温もりっていいものですね。そして、首筋の独特の臭いと、ポップコーンのような肉球の臭い…。(すみません、やっぱり私、変態仮面でしたw)

 


ということで、今年も「ヨッシーてんちょの部屋 ダウン症優の成長日記」をどうぞ宜しくお願い致します。


2017年賀状.jpg

 

 

 

 

 

 

 

カメラスマホページ下部で不定期更新ギャラリーやってます♪

 

↓あなたにとってお役に立った場合のみポチっとお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

 

■人気カテゴリ ■お知らせ一覧 ■今日のゆう

 

JUGEMテーマ:日記・一般

posted by: ヨッシーてんちょ | ヨッシーてんちょの徒然日記 | 22:20 | comments(10) | trackbacks(0) |-
40歳のオッサンが退職3ヶ月後、どうなったのか?

「ヨッシーてんちょの部屋ダウン症優の成長日記」をご覧の皆様、いつもご訪問ありがとうございます! ヨッシーてんちょです。

 

気付けば2016年も、もうすぐ終わり…。今年も残すところわずかですね。

 

例年なら、年末年始の休みに入っても「大掃除やらなくちゃー!」「店の販促物作り直さなきゃ!」「年賀状!」とあたふたしていました。
が、今年は退職して個人でスケジュール管理ができるようになったので、比較的ゆっくり過ごせています嬉しい

 

年賀状もいつもは12/31に書いていましたが、今年は12/24前には投函済みです。
大掃除も10月におもいっきりやったので、今年は各所を少しチェックすればよさそうです。

 

子供たちと公園行く余裕もありました。

ゆすいと手賀沼公園へ201612-00.jpg

 

鳥に興味津々の翠

ゆすいと手賀沼公園へ201612-01.jpg

 

サラリーマンを辞めて改めて思いましたが「人生、仕事だけで消耗するのはもったいないな…」と思い返しています。。

 


さて、前の会社を退職してから約3ヶ月が経ちました。

先日、個人事業主の届出も終え、ある種一つの区切りを迎えました。

 

ちょうどよいタイミングなので、退職前後を振り返りつつ、備忘録としてまとめておこうと思います。

 

題して、

 

「40歳のオッサンが退職3ヶ月後、どうなったのか?」

 

ご興味ある方、また今後サラリーマンを退職して個人事業主になろうとしている方に何かの役に立てば幸いです。(結構長文です)

 

 

鉛筆2目次

【1】退職に至った理由
・自分のやりたいことで生きていきたい
・今の生活スタイルでは病気になる、もしくは死ぬと思ったから
・40歳というタイミング
・独立への基本ベースを作り上げた
・それなりの会社への不満と不信感

 

【2】退職後の生活スタイル
・子供中心の生活スタイル
・この3ヶ月間実際何してた?

 

【3】退職後のメリット
・子供との時間が圧倒的に増えた
・食事時間が早くなり健康体になった
・運動ができるようになり健康体になった
・ストレスフリーで健康体になった
・通勤時間の4時間がまるまる浮き自由時間が増えた
・カフェガパオへの時間投資が増えた

 

【4】退職後のデメリット
・当たり前だけど収入は無い
・以前よりは強制力が減ったので自己管理との戦いがある
・外部の人間との情報交換機会が減った

 

【5】退職前にやっておいて良かったこと
・任意継続保険の手続き
・住宅ローンを組んで住宅購入
・クレジットカードを作っておく
・店の営業開始

 

【6】まとめ

 

 

 

【1】退職に至った理由

 

まずは退職に至った理由を振り返っていきたいと思います。

 

自分のやりたいことで生きていきたい

このブログでもちょいちょい書いてきましたが、自分は「いつ死んでも後悔しないような生き方がしたい」と常々思っています。

 

よく「人生80年(今はそれ以上かな?)」なんて言われることもありますが、決してそうではないと思うんですよね。

明日地震で死ぬかもしれないし、病気で余命数ヶ月になっているかもしれないし、来年宇宙人が攻めてきて人類が滅亡するかもしれないし…(笑)

 

「将来年金が出ないかもしれないから老後が心配だ」と思っている人も多いですが、それはみんな「それまでずっと自分は死なない」と思っているからこその発想です。

自分がいつ死ぬかなんて、誰にもわかりません。

実際、自分は同年代の友達や知り合いと死別しています。

 

死は誰にでも訪れるもの…

 

であれば、「死の間際に後悔しないような生き方があってもいいのではないかな」と自分は考えています。

 

 

また、人生を仕事の面から見た場合、仕事をして家族を養っていくのはもちろん大事なことですが、やりたくもない仕事をしてそれで人生を終えていくというのは、自分の場合どうしても後悔が残ると思いました。

 

サラリーマンのように経済的に安定した生き方は良い部分もありますが、その分不自由さもあります…。

 

そんな思いもあり「いつかは、独立する」とずっと考えていました。

 

そして2016年、ようやく自分の環境が整ったこともあり、遂に独立(退職)を果たしました。

 

「人生で後悔しないために、自分のやりたいことで生きていく」

なんだかんだでこの理由が独立(退職)の一番のきっかけになっていますね。

 

 

今の生活スタイルでは病気になる、もしくは死ぬと思ったから

これも退職に至った大きな理由の一つですね。

 

「週7日間、年間360日以上働く」というのは、やはり体力的に、そして物理的に無理だと判断しました。

 

自店のカフェガパオを開業してからの約4年間、上記のペースでずっと仕事をしてきました。(平日サラリーマンで10時間×5日間、週末カフェガパオで10時間×2日間)
祝日や夏季冬季の休みはあったものの、やはりこのペースで仕事をしていると、日々の疲労は一向に回復しない状態になっていきました。

 

開業3年目までは、なんとか騙し騙し持ちこたえていましたが、それを過ぎたあたりから疲労が回復しないどころか、疲労蓄積のペースがどんどん上がっていきました。

 

「このままでは、やがて病気になる。もしくは死ぬ…」

自己防衛本能が働いたのか、直感でそう思うことが多くなりました。

 

大病を患ったり、死んでしまったら元も子もありません。

 

「死ぬことを回避できるなら、独立(退職)なんて大したことないな…」そう思いました。

 

自分の人生の目的は、あくまでも「家族と共に人生を歩むこと」です。
妻や娘たちのためにも、今はまだ死ねません。

 

そんな理由から、これ以上体を酷使しないためにも独立(退職)という選択をしました。

 


また、物理的な面でいうと、1週間の全てをルーティンの仕事で使ってしまうため、それ以外のこと(例えば子供と遊ぶこと、掃除や片付けなどの家事、自分の感性を磨く、新たなビジネスの検証…など)は、一切できない状況でした。(疲れが溜まっているのでそれどころではなかったですし…)
そのせいで疲れと共にストレスも相当溜まっていきました…。

 

やはり人生、仕事だけしていてはダメですね…。仕事以外にも大事なことっていっぱいあります。
もちろん疲労を回復させることも大事なことの一つですね。

 

現代はスマホがあるので、仕事の合間に情報自体を得ることは可能です。(知識を増やしたり、将来予測をしたり…)

でも、自分の考えでは、インターネットなどで得る情報などは、所詮「上辺だけの情報」でしかないと思っています。
本当に大事な情報は「自身で体験しないと得られない情報」だと思っています。

 

そんな「自身で体験しないと得られない情報」を得られていない状況は、自分にとっては物凄くもったいないと思っていました。

そういう観点からも、独立(退職)という選択をチョイスしました。

 

 

40歳というタイミング

人って、キリの良い年代に突入すると、何かの区切りを付けたくなりますよね。(…自分だけ?たらーっ

 

自分の場合今年でちょうど40歳を迎え、人生を変革させるのには「良いタイミングだな」と、なんとなく思っていました。

 

これは独立(退職)のきっかけとしては微々たるものですが、20〜30歳代の20年間を仕事人生の前半期とするならば、40歳からは後半期にさしかかるターニングポイントの年齢だとも思っています。

 

これからの20年間、前半期で撒いた種を、育て回収していく20年間にしたいものです。

 

 

独立への基本ベースを作り上げた

やはりこの4年間カフェガパオを経営してきたという自信も、独立(退職)のきっかけの一つになっています。

 

この先カフェガパオだけで生活していけるとは思っていませんが(飲食業は基本的に薄利なので)、少なくとも現段階で「収入を得る方法」というものは確立されています。

 

こういうバックアップがあるかどうかは、独立する上では非常に重要です。

まったくの無収入で、それが長く続いた場合、精神的にかなり疲弊すると思われます。(体験者談)

 

なので、カフェガパオ自体の利益は少なくとも、「収入がある」というのは、独立する上で大きな心の支えにもなっています。

 

 

それなりの会社への不満と不信感

サラリーマンをやっていると、多かれ少なかれ「会社への不満」というものは誰にでもあると思います。

 

自分の場合は、会社の就業規則を変えるレベルで変革を行っていましたが、なかなか認められず、遂にはそれは諦めへと変わりました。

「この会社はどうやっても変わらないな…」こう思ったことも、小さいですが退職理由の一つになっています。

 

また、前々からブログで書いていたように、1日の通勤に往復4時間使っていたことも退職理由の一つですね。(これは本当に時間がもったいない)

 

あと、前職の会社には「会社は残業してとは言わないよ、でもきっちり成果は出してね」という考え方がありました。

これは、「何時間、何十時間残業してでも、一定の成果を上げないと評価はしない」ということです。

しかもその成果というのも基準があいまいで、会社全体の業績によって成果基準が常に変わっていきます。
結果としてサービス残業が蔓延っていました。

今思うと「半ブラック起業」といわれても仕方ないと思いますね…。

 

 

 

【2】退職後の生活スタイル

 

次は、退職後の生活スタイルはどうなっていったかを振り返ってみたいと思います。

 

子供中心の生活スタイル

退職後、自身の生活スタイルは大きく変わりました。

 

それまで平日は、朝9時に起き、12時頃出社、その後23時まで仕事をして25時に帰宅、というサイクルで生活していました。

25時に帰宅なので、夜ご飯はほぼ食べないようにしていましたが、食べてしまうこともたまにありました…。
そのせいか、内臓の調子を崩しがちでしたし、体重も増え、体脂肪率もかなり上がっていました…。

 

それが退職後は、優が小学校に通学する朝7時には自分も起き、8時には翠を保育園に送って、その後晴れていれば週2ペースで朝のジョギングをし、9時過ぎからは仕事を始めるようになりました。
昼食も12時にはとり、その後優と翠を迎えに行って夕方には子供たちと風呂。18時には晩ご飯を食べる。子供を寝かせた後は残りの仕事をやって、25時には就寝。
という生活サイクルに変わりました。

 

いやー、健康的ですラッキーぴかぴか

 

朝早く起きるのって、本当に気持ちいいですね。
晩ご飯も深夜に食べることがなくなったので、それだけでもかなり健康的になりました。(夕飯を本当に"夕刻"にとれるのは、今まででは考えられませんw)

 

子供中心の生活スタイルに合わせると、日中の仕事が一時中断されてしまうネックはありますが、それでも子供がいるおかげである種「強制的に規則正しい生活」が送れているように思います(笑)

これ、意外にありがたくて、個人で仕事をしているといくらでも仕事ができてしまうので、ある意味それを防ぐ「ブレーキ機能」にもなっていますウィンク

 

 

この3ヶ月間、実際何してた?

退職後の3ヶ月間ですが、引き続き店の営業や起業に向けての試行錯誤は行っていましたが、大きなところでいうと「身体の休息」と「家族との時間」に時間を充てていました。

 

前述しましたが、サラリーマン時にはかなり疲労が蓄積していたこともあり、何よりもまずは身体を休めることが大事でした。

自分はこの疲労を「毒」と呼んでいますが(笑)、この毒を抜くのには最低でも1ヶ月以上はかかりましたね…。

 

ちなみに、それまで平日は出社後必ず「リポビタンファイン」を飲んでいました。(リポビタンファインはカロリーが低いのでたらーっ

50本をまとめ買いしては会社へ送ってました(笑)

 

今思うとヤバイ状態ですが、飲まないときちんと体が起きず、仕事の途中で眠くなることが多くなっていました…。
なんていうか、飲まないと「シャッキリしない」というか…たらーっ(重度のカフェイン依存症)
多分、体が「疲労回復のためにも眠れ!」と訴えかけていたのでしょうね…。

 

退職後、今では飲まなくても平気な状態にまで回復しましたが、でもその状態になるまでには約1ヶ月半を要しました。

 

あと、「身体の休息」は、ジョギングでもだいぶ改善されました。適度な運動は体を正常にしてくれますね。

 

ヨッシーてんちょジョギング姿

こんな姿で手賀沼近辺を走っているので、お見かけの際はお声をかけてください(笑)


「家族との時間」は、主に子供たちと遊んで、風呂に入って、ご飯を食べる、などの日常にある時間。
これも生活サイクルを変えたおかげで無理なく取れるようになりました。

 

翠はここのところ「パパ!」と喋れるようになったのですが、もし未だサラリーマンだったらパパとは言えてないかもしれないですね。
というのも、サラリーマンの時は平日会うのが朝の数分のみだったので…。
会っても「ママ、たまに家に居るあの人は誰?」という顔をしてましたたらーっ

 

誰この人?と思っていた頃

「ママ、このお写真撮ってる、たまに出現する人は誰なの?」の頃


こういう些細なことも、毎日のコミュニケーション時間があってこそな気がしますね。

 

ちょっと話がズレますが、日本人のお父さん(特に昭和世代の方)は、どうしても仕事を優先して家族を蔑ろにしがちな気がします。
現在政府は働き方改革などを推し進めていますが、まだまだ「父親というものは、仕事してなんぼだ!」「家族のために仕事しているんだから、仕事を優先させるのは当たり前だ!」という前時代的な考え方が蔓延っている気がします。

 

日本の長時間労働や残業が減らない理由の一つに、こういう個人の思想も大きく影響しているようにも思いますね。(会社で権限を持つ上層部がこういう前時代的な考え方の人は結構多いと思うので…)

 

「家族との時間」を日常で無理なく取り入れていくには、自分の場合はやはり個人で仕事をするしかないよいようにも思います。(残業のない大手企業や公務員は別として)


そんな感じでこの3ヶ月間は健康回復と家族を中心に過ごしてきたので、自分のビジネスの本格始動は来年に入ってからになりそうです。

 

 

 

【3】退職後のメリット

 

次は、退職して見えてきたメリット(良い部分)を書いてみたいと思います。

 

子供との時間が圧倒的に増えた

前述したように、子供との時間は圧倒的に増えました。(日常生活で)
それまでは平日に一緒に風呂に入ったり、夕飯を食べるなんて、夢のまた夢でしたからね…。

子供との日々のコミュニケーションは、子供の将来の成長のためにも大事な気がします。
今後も今の生活サイクルを維持しつつ、自分の仕事を進めていければと思っています。

 

 

食事時間が早くなり健康体になった

晩ご飯が「夕飯」と呼べる時間帯に食べられるようになったのは、健康体に一役買ってますね。やはり25時に"夕飯"を食べるのは異常でしたねたらーっ
おかげで腸内環境や肌ツヤなども、以前より良くなったように思います。

 

 

運動ができるようになり健康体になった

サラリーマン時代は週7日働いていたこともあり運動する時間は一切なく、通勤途中に15分程歩くのが唯一の運動となっていました。

退職後は毎週ジョギングができるようになり、こちらも健康体に一役買っています。

心肺機能を使った有酸素運動をするようになってから、体もシャッキリ起きるようになりましたジョギング

 

 

ストレスフリーで健康体になった

これは予想はできていましたが、予想以上のストレスフリーを体感しています。

通勤無しでストレスフリー、人との繋がりが必要最低限でストレスフリー、毎日子供たちとコミュニケーションが取れてストレスフリー、仕事で理不尽な思いをすることがないストレスフリー、時間に追われない生活でストレスフリー…などなど、身体だけでなく精神的にも健康体になりました楽しいぴかぴか

 

 

通勤時間の4時間がまるまる浮き自由時間が増えた

やはりこれは大きいですね。

この4時間で家族との時間が増えたように思います。

電車に乗っている時はまだしも、車を運転している時、歩いている時は何もできないですからね。文字通り通勤のためだけに時間を使っていました。それがなくなるのは大きいです。

 

 

週1で休みが取れるようになった

これまで1週間のうち休みと呼べる日はありませんでしたが、時間の効率化が図れたおかげで、今は週1で休みがとれるようになりました。

やはり、会社のペースに縛られず、自分でスケジュール管理ができるというのは、自分にとってはかなりのメリットですねイケテル

 

 

カフェガパオへの投資時間が増えた

週5日でサラリーマンをやりながら、週末の2日でカフェガパオを営業していたわけですが、営業するだけでもかなり大変なことでした。(営業といっても仕込みや準備、片付け、集計作業などもあったので)

なので、新メニューを考案する、メニュー表を作り直す、写真を撮る、新たな集客方法を考える…などの仕事は、祝日や夏季冬季休暇でしか行えませんでした。

 

退職後、自分でスケジュール管理ができるようになったので、カフェガパオへの投資時間が格段に増えました。
おかげで新メニューの開発や写真撮影、ホームページの開設、新しいビジネスの考案などができていますウィンク

 

 

 

【4】退職後のデメリット

 

今度は逆に退職して見えてきたデメリット(悪い部分)を書いてみたいと思います。

 

当たり前だけど収入は無い

退職後、収入はありません。
当たり前ですよね、仕事していないんだからたらーっ
現在は貯金を切り崩しつつ生活をしています。(カフェガパオは家族の店なので、個人の収入とは別扱いです)

 

子供たちもいるし、家のローンもまだ沢山あります。いつまでも無収入でいるわけにはいきません…。

 

でも、現在はさらなる飛躍のための準備期間だと思っているので、貯金はそのための投資資金として考えています。
来年からは収益化を考えているので、それまでは少し辛抱ですね。

 

 

以前よりは強制力が減ったので自己管理との戦いがある

サラリーマンの時は、出社時間が決まっていたり、出社したら少なくとも8時間以上は仕事をしないといけませんでした。

しかし退職後、全て自分でスケジュール管理ができるようになったので、「この時間にここに何時間いなければいけない」ということもなくなりました。1日8時間働かなくてもいいですし、休みも取りたい時にとれます。

 

それ故、甘えようと思えばいくらでも甘えることができます。

「今日はダルいから寝て過ごそう」とか「今日は疲れたから早く寝よう」など、自分を甘くすることがいくらでも可能です。

 

おそらく、個人事業主は"ここ"との戦いが重要になってくる気がします。

「一度決めたら最後までやり抜く精神」がないと、途中で破綻することでしょう。

 

自分も今後この部分は肝に銘じて取り組みたいと思います。(家族のためにも)

 

 

外部の人間との情報交換機会が減った

サラリーマンの時は外部の人とのやりとりが少なからずありました。
それによって業界の旬な情報を得たり、生の情報に触れることができました。
まあ自分は営業マンなどではなかったので、常に生の情報に触れているという環境ではありませんでしたが…。
それでも会社の同僚との情報交換が減ったのは残念ですね。

 

外部の人との情報交換はそれなりに大事だと思っているので、来年からはもっと積極的に人に会っていこうと思っています。
ビジネスの幅を広げれば、必然的に人とのつながりも増えそうな気もします。

 

 

 

【5】退職前にやっておいて良かったこと

 

退職前、最低限やっておくべき事を調べた上で退職へと移行しました。

 

実際に「やっておいて良かったな」と思ったことを書いておきますね。

※社内での引き継ぎ業務や外部への挨拶等は省きます。

 

任意継続保険の手続き

退職後すると、会社で加入していた社会保険からは外れることになります。

その際、「国民健康保険」に加入するか、もしくは「健康保険任意継続(通称:任意継続保険)」に加入するかを選択することになります。
※家族(例えば妻)の健康保険に扶養で入ることは除く。

 

どちらが良いかは一概にはいえませんが、自分のように子供や母親を扶養に入れている人は、任意継続保険の方が保険料が安くなる場合があるようです。

実際自分も国民健康保険よりも任意継続保険の方がお得でした。
なので自分は任意継続保険を選択しました。(ただし任意継続保険を継続できるのは最大2年間までです)

 

それまで「会社を辞めたら国民健康保険になるんだよな…」と漠然と思っていたので、この任意継続保険という制度があることをここで初めて知りました。(多分、基本的には会社からは教えてくれないと思います)

 

任意継続保険をざっくり説明すると、退職後も在職中と同様の保険給付が受けられます。
人によりますが結果的に国民健康保険よりも安くなることがあります。最大2年間継続することが可能です。
自分の場合は、子供2人、母親が扶養家族になっていたので、任意継続保険の方がお得でした♪

 

しかしここで注意点があります!
任意継続保険に入るには2つの条件があります。

条件1、資格喪失日の前日(退職日)までに継続して2ヵ月以上の被保険者期間があること
※退職せず、勤務時間・日数の減少により健康保険の資格を喪失した場合も該当します。

条件2、資格喪失日から20日以内に、「任意継続被保険者資格取得申出書」を提出すること
※お住まいの住所地を管轄する協会けんぽ支部へご提出ください。
※健康保険組合に加入していた方は、健康保険組合にて手続きをします。

引用 - 全国健康保険協会「会社を退職するとき」

 

自分は退職するまでずっと正社員で社会保険に入っていたので、条件1はクリアでした。


問題なのは条件2の方で、退職後20日以内に手続きをしないと任意継続保険には入れません。

自分の場合、色々な手続きの関係でギリギリ20日後の当日に申請ができました。危なかったです…。(しかも千葉市までわざわざ行かなければいけませんでした)

 

申請時には「任意継続被保険者資格取得申出書」と「扶養家族含め全員の社会保険時の保険証のコピー」が必要でした。
自分の場合は、母親も扶養に入っていたため、母親の所得証明書が必要でした。(これは市役所でゲット)

 

各個人のケース(自分の場合は母親が扶養に入っていた)によって必要書類が変わってくるので、申請前には一度管轄の協会けんぽ支部へ電話で確認することをオススメします。(きっちり答えてくれますよ)

 

任意継続保険の詳しい内容はこちらをご覧下さい。全国健康保険協会「会社を退職するとき」

 

 

住宅ローンを組んで住宅購入

これは正直、かなり大きかったですね。

正社員でなかったら恐らく信用問題の部分で住宅ローンは組めなかったですし、住宅が建てられないということは、カフェガパオも営業できていなかったことでしょう…。
この部分は前職の会社に感謝しています。

 

自分が思うに、個人事業主になるとローン審査などは著しく信用が低下するので、ローンを組んで何かを購入する場合は、事前によく調べておいた方がいいと思います。(クレジットカードや車なども)

 

 

クレジットカードを作っておく

これは厳密には「もっとクレジットカードを作っておくべきだった」です。

 

クレジットカードは数枚持っていますが、個人事業主になることを想定して「もっと種類を増やしておくべきだった」とちょっと後悔していますたらーっ(ビジネス専用として1枚欲しかった)

 

前述したように個人事業主は信用が低いので、カードの審査に落ちる可能性が高いです。(楽天カードなどは大丈夫なようですが)

 

最近Amazonでの買い物が多いので、「Amazon MasterCardクラシック」のクレジットカードを作っておけばよかったなぁ…たらーっ

Amazon MasterCardクラシック


あと自分は店の買出しで、よく西友(スーパー)を使うのですが、いつでも3%OFF(たまに5%OFF)になる「ウォルマートカード」を作っておけばよかったです。

ちなみに西友の「国産若どり もも肉 1Kパック」と「国産若どり むね肉 1Kパック」はよく買っていますが、品質は悪くなく、国産にしては安いのでオススメです♪

西友-SEIYUドットコム 鶏肉

 

 

店の営業開始

平日サラリーマンをやって週末飲食店を営業するというのは、体への負担が大きかったですが、それでもサラリーマン在籍中に開業して良かったと思っています。

というのも、やはり実際に経営してみないと見えない部分が数多くあったからです。

 

店の良さを知ってもらうまでにはどうしても時間がかかる、仕入れや仕込みは予想以上に時間がかかる、飲食業は経費が高く利益が低い、自分が想定していたターゲット層と実際の客層は違う…など、開業してみなければわからない事が沢山ありました。

 

もしこれがサラリーマン退職後に開業し、ゼロから飲食店経営に取り組んでいたら相当悪戦苦闘していたと思います。最悪の場合、すぐに閉店していたかもしれませんね…。

なので事前に、「飲食業とはこういうもの」「こうやって経営していけば良い方向に向かいやすい」など、ある程度経験として理解していたのは大きかったと思います。


ちなみにこれは持論ですが、可能であるならば「飲食店経営は極力お試し期間が長くあった方が良い」です。

 

飲食店経営を目指す人が自店を開業する場合、多くの人が経営初心者だと思います。

上記に書いたように、実際に開業しないとわからないことは多いです。
なのでみんな経営をしながら経験値を増やしていくわけですが、運転資金が乏しいとその経験値を増やす前に廃業してしまう恐れがあります。
そうやって廃業していく知り合いを多く見てきました…。

 

そんなこともあり、可能な限りお試し期間(プレオープンでも、半日営業でも何でもいいのですが)は、より長くあった方が廃業への確率は減ると思います。(専門的にいうと、最低でも運転資金は1年間分あった方がいいと思います)

一応4年間店を続けてこれた経験者の意見として役立てば幸いです。

 

 

 

【6】まとめ

 

ということで、「40歳のオッサンが退職3ヶ月後、どうなったか?」というと・・・


「健康な体になって家族との時間も増え、不安ながらも色々な可能性へ向けてワクワクしている」


となりました。

 

退職してからは3ヶ月経ちましたが、個人事業主になったのは遂先日。

これから様々なことが起こると思いますが、どんな時も楽しみながら前向きに頑張っていきたいと思っています。

 

また機会があれば、40歳のオッサンのその後をつづってみようと思います。

今後もどうぞ宜しくお願いします。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

そして今年一年もありがとうございました(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

カメラスマホページ下部で不定期更新ギャラリーやってます♪

 

↓あなたにとってお役に立った場合のみポチっとお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

 

■人気カテゴリ ■お知らせ一覧 ■今日のゆう

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

posted by: ヨッシーてんちょ | ヨッシーてんちょの徒然日記 | 17:38 | comments(4) | trackbacks(0) |-
発表会&よみうりランド・熱海・江ノ島旅行

「ヨッシーてんちょの部屋 ダウン症優の成長日記」をご覧の皆様、いつもご訪問ありがとうございます☆

ヨッシーてんちょです(^-^)/

 

ちょっと混ぜ込みな記事になってしまいますが、先週の土曜日は優の小学校で歌声発表会がありました。

 

沢山の人の前で緊張すると「嫌だ嫌だ」と体をねじることもある優ですが、この日は楽しそうに登壇し、ニコニコしながら歌を歌っていましたラッキー

 

歌声集会2016-00.jpg

 

どうもパパとママに応援してもらっているのがわかってご機嫌だったようです。(優の感想からすると)

 

優のいる1年生は「太陽にチャレンジ」「友達になった日」という歌を歌いましたムード

 

「太陽にチャレンジ」の途中、みんなで手拍子をするところがあるのですが、みんな手拍子する中、優は指先だけでパンパンと手を叩いていました。歌声もほぼ口パクでしたたらーっ

 

この日のためにいつもお風呂では大きな声で歌いながら手拍子を練習していたんですけどね…たらーっ

 

内弁慶な優でしたが、発表会が終わったあとは「やったぞー!」と満足した顔をしていました。

 

歌声集会2016-01.jpg

優「おう(優)ちゃん、がんばったよー!」

 

ほんの10分くらいの発表会でしたが、また一つ優の成長に繋がったように思います。

 

何かの目標があって、自分なりに達成できると、それは「成功体験」となって自信につながります。

 

今回、保育園の時と少し違って見えたのは、この「やればできるんだ!」という感覚が、優自身に起こっていたように思います。

 

学校って、ただ単に勉学を学ぶところではなく、こういう「心の発達」にも大きく関わっているのだなぁと改めて思いました。

 

 

 

話は変わって、週明け月曜・火曜は、義母と義姉を連れて旅行に行ってきました。

 

今回行ったのは、よみうりランド、熱海、江ノ島。

 

初日のよみうりランドは朝10時には着いたのですが、月曜日にしては子供たちが沢山いました。

優のように振替休日だった小学校も多かったのかもしれませんね。

 

今回よみうりランドを選択した理由は、泊まるホテルが熱海だったのでその道中にあったことと、大人向けアトラクションもありつつ子供用アトラクションも多かったためです。(結局大人向けアトラクションは乗っていませんが…)

 

よみうりランドには、この子供用アトラクション用のパスポート(ひよこパス)というのもあって、ディズニーランドのように一律料金ではないのは小回りが利いてていいですね。

 

園内ではみんなで観覧車に乗ったり、各種アトラクションに乗りました。

優は身長が103cmなので身長制限(110cm以上など)があるもの以外はほとんど乗れました。

翠が乗れたのは、多分5つくらい。(年齢制限で)

 

姉妹で消防士にもなりましたウィンク

よみうりランド江ノ島旅行02.jpg

優「見習い訓練士、準備はできたか?」

翠「先輩、袖から手が出ません」

 

 

園内には「ぐるぐるドライブ」という子供が一人で乗るアトラクションがあります。

今までの優なら一人では怖がって乗れなかったのですが、この日は「一人で乗る!」と言ってアトラクションに入っていきました。

 

前々日の発表会のおかげなのか、「やってみる!」という自信の表れなのかもしれないですね。

 

よみうりランド江ノ島旅行03.jpg

 

「ぐるぐるドライブ」終了後、「一人で乗れた!」と大喜びし、その後のアトラクションも積極的に乗っていきました。

 

優は初めて歩く時もそうでしたが、「私、できる!」と自信がつけば、その後はどんどんできるようになっていくタイプのようです。(まあ子供ってそんなもんかなたらーっ

 

それまで絶対に乗れなかったローラーコースター(わんデット)や、怖くて絶対無理だったお化け屋敷にもいけました。(でもお化け屋敷はパパ抱っこたらーっ

 

よみうりランド江ノ島旅行16.jpg

 

「自信」ってすごいですねたらーっ

 

遊びながらだけど、また一つ優の成長を感じましたニコニコ

 

 

翠も乗り物に乗れて上機嫌でしたラッキー

よみうりランド江ノ島旅行04.jpg

翠は「おすいこも、あれ乗る!(というリアクション)」と、お姉ちゃんが乗っているアトラクションにも乗りたがっていましたが、どうしても年齢制限があるものは無理でしたたらーっ

 

翠は現在1歳8ヶ月ですが、アトラクションを見ながら「あの乗り物は楽しそう!」と思うような理解力が上がってきたのかもしれませんね。

 

翠と「もっと大きくなったらまた来ようね」と約束したので、またよみうりランドへ行こうと思います嬉しい

大人にも楽しいですが、小さい子連れにも楽しい遊園地でしたイケテル

 

 

 

この日は夕方までよみうりランドで遊び、その後はホテルのある熱海へ。

 

熱海へはよみうりランドから1時間半程で到着しました。

 

宿泊は今回「大江戸温泉物語 熱海温泉 あたみ」に泊まりました。

 

ここに決めた理由は、優が「マグロ食べたい!」という希望と、予算面から(笑)

あと、前に母が「値段の割にはいいわよ」という意見もあったので・・。

 

 

簡単なレビューですが・・・

 

予算的に考えたらなかなか良いホテルでした。(5点満点中4点くらい)

 

料理は地魚の刺身などは美味しかったです。でも1/3くらいは業務用かな?たらーっ それでも想定内ですが。。(朝夕食べ放題です)

 

客室は12畳の和室でとてもキレイでした。優も翠も広い和室に大興奮していました。

 

お風呂は、洗い場・内風呂・露天風呂があったのですが、露天風呂は温泉街にあるためか、開閉している箇所はわずかでそれほど外の景色は眺められませんでした。でもサラッとした泉質で入りやすかったです。

 

スタッフさんの対応はとても良かったです。

 

平日ということもあり、おじいちゃんおばあちゃんが多かったです。(おすいこ大人気)

 

個人的に良かったのは、高級マッサージ機でマッサージできたのと(でも15分300円)、無料マンガコーナーがあったこと。久々に深夜2時までマンガ読みまくってました(笑)

 

駐車場までの路地が狭いのと、駐車場からは送迎なのでそこはちょっとマイナスポイント。

 

でも全体的には良いホテルでしたラッキー

 

 

 

 

翌朝、チェックアウト後は江ノ島へ。

(午前中は熱海観光もありかと思いましたが、また今度ということになりました)

 

江ノ島は義母が育った地ということもあって(実際には鎌倉)、みんなで行ってみようということになっていました。(今回の旅行はいつもお世話になっている義母を労うのが目的でした)

 

 

江ノ島へ着いて、とりあえず頂上にある江の島シーキャンドル(展望灯台)を目指して進むことになりました。

 

よみうりランド江ノ島旅行05.jpg

 

途中、参拝したり、おみくじ引いたり…と、久々に和式な観光(笑)を楽しみましたラッキー

よみうりランド江ノ島旅行06.jpg

 

よみうりランド江ノ島旅行07.jpg

翠「なむー」

 

そもそも自分は、これが初の江ノ島観光。江ノ島って結構「山」だったのですねたらーっ

そのため「エスカー」というエスカレーターもあります。

今回子供たちもいたので、エスカーで登っていきました。

ちなみにエスカーは頂上まで直通ではなく、計3箇所あります。

 

江ノ島には猫が多いと聞いていましたが、人馴れしている可愛い猫がいっぱいいました。

 

よみうりランド江ノ島旅行08.jpg

翠もにゃんこを撫で撫で猫

 

 

頂上付近には、「LON CAFE」というフレンチトースト専門店があります。

 

よみうりランド江ノ島旅行09.jpg

ここも行ってみたかった店なので立ち寄ることに。。

 

店内は開放的で、テラスの先からは江ノ島への橋や周辺の海岸が一望できます。

よみうりランド江ノ島旅行10.jpg

11月で若干寒めでしたが、それでもヒーターやひざ掛けもあるので快適に食べられました。

 

フレンチトーストはたしかに専門店というだけあって美味!

しっとりふわふわという食感でした。

よみうりランド江ノ島旅行11.jpg

優も翠も「おいしいー!」と言って、一皿丸々食べてしまいました。流石は女子女

出てくるまで少し時間がかかるので、のんびりおしゃべりしながら待ちましょう♪

 

 

LON CAFEの後は、遂に江の島シーキャンドルへ。

よみうりランド江ノ島旅行12.jpg

 

この日はあいにく曇りでしたが、江ノ島の周りをぐるりと360度見渡せます。

よみうりランド江ノ島旅行13.jpg

 

一通り見た後、帰り道でお兄さんが大道芸をやっていました。

普段ならそのまま素通りするのですが、優が「えー何やってるの!?」とすごく興味を持って見始めたので、そのまま皆も観覧することになりました。

 

お兄さんは「ぼくゆう」という芸名だそうで、若い割には色々と賞も獲ってるすごい人らしいですニコニコ

 

この日見た一番の大技は、筒を3つ重ねてその上に乗るというもの。(単三乾電池を横にして十字に3個重ねるイメージです)

見事成功し、優も大喜びしていましたラッキー

 

よみうりランド江ノ島旅行14.jpg

優「お兄さん、すごかったよ!」

 

 

その後江ノ島を下山する途中、ふいに優が涙をながしていることに気付きました。

 

どうしたの?と聞くと、

「お兄さん、頑張ってた。おう(優)ちゃん、涙流れたの。」

と、先程のお兄さんのパフォーマンスに感動して泣いていました。

純粋なんですかねー…たらーっ

まあこれも優の良いところかな。。

 

今日そのことを「ぼくゆう」さんに写真付でツイートしたのですが、喜んでくれたら嬉しいなわーい

 

 

江ノ島を出る間際、優が「海見たい!」と言うので海岸沿いへ行ったのですが、この日は結構波が高く、波打ち際の柵付近には波しぶきが噴いていました汗

 

よみうりランド江ノ島旅行15.jpg

 

そんな波しぶきを見て、優も翠も大興奮!

かかりそうでかからないドキドキ感が楽しかったのかなニコニコ

 

 

この日の昼ごはんは、海老名サービスエリアで食べました。

お弁当を買って車内で食べたのですが、「きっちんににぎ」という店で買ったカップライスはなかなか美味しかったです。

 

その後、事故渋滞に巻き込まれましたが、なんとか20時には家に到着しました。(完)

 

 

 

今回の旅行では、優の自信や純粋さ、翠の理解力の向上など色々な発見がありました。

そして義母がとても楽しんでくれたのが何よりでしたラッキー

 

お金はかけなくていいので、また家族みんなで旅行に行きたいな。。

 

 

 

 

 

 

 

カメラスマホページ下部で不定期更新ギャラリーやってます♪

 

↓あなたにとってお役に立った場合のみポチっとお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

 

■人気カテゴリ ■お知らせ一覧 ■今日のゆう

posted by: ヨッシーてんちょ | ヨッシーてんちょの徒然日記 | 22:23 | comments(5) | trackbacks(0) |-
仮装一家&ハロウィンが流行った理由6個を考えてみた

「ヨッシーてんちょの部屋 ダウン症優の成長日記」をご覧の皆様、いつもご訪問ありがとうございます☆

ヨッシーてんちょです(^-^)/

 

 

今年もハロウィン営業

 

10/29(土)の夜は、自店(カフェガパオ)のハロウィン営業でした。

お蔭様で今年も沢山のお客さんに来て頂きました嬉しい

 

去年もスタッフは仮装をしていましたが、今年は気合を入れてガッツリ全員で仮装してお出迎えしましたおばけ

 

ヨッシーてんちょ→ウォーリー

妻→ミニオン

優→アナ

翠→ティンカーベル

弟A→ハリーポッター

弟B→アイアンマン

母→化け猫

 

ハロウィンパーティ2016_00.jpg

 

ハロウィンパーティ2016_01.jpg

アイアンマンは、もはや誰かわかりませんたらーっ

 

 

店のある柏市手賀の杜では、結構昔からハロウィンイベントをやっていて、この地域では夕方になると子供たちが仮装をして住宅街を歩き、家の前に置かれたお菓子をもらっていきます。

さながらアメリカの田舎町のような風景です。

(2007年頃からやっているそうで、過去には「めざましテレビ」の取材もあったとか・・)

 

去年もそうでしたが、うちの店の前は、ハロウィンの夕方にはちょっとしたホットスポットになりますラッキー

お菓子も置いてありますし、アイアンマンがいるのでたらーっ

 

こんな感じ↓でアイアンマンが店舗前でお出迎え。

ハロウィンパーティ2016_03.jpg

って、スマホをいじるアイアンマンがシュールすぎる…たらーっ

 

そんなアイアンマン効果があってか、今年も店舗前では撮影会が行われました。

 

ハロウィンパーティ2016_04.jpg

 

 

しかしここ数年のハロウィンの盛り上がりはすごいですね。

渋谷交差点のテレビ中継もニュースでよくやっていたし、各メディアでも新しいお祭りとして取り上げているし、ドラえもんでも毎年ハロウィンネタの話やってるし。(でもアンパンマンは結構前からやってたと思うたらーっ

 

でもうちの地域では、ハロウィンはあくまでも子供たちが主役のイベント。

仮装してお菓子を求めて住宅街を歩く…という正統派ハロウィンをやっていますニコニコ

 

まあそう言いながら、うちの店はハロウィン便乗で仮装営業をやっていますけどねたらーっ

 

しかしながら、やはり子供の仮装は可愛いですねラブ

 

優も翠も(翠はわかってないと思うけど)普段着れない衣装を着れて嬉しそうでした。

 

ハロウィンパーティ2016_02.jpg

優「アナ王女なの、ツーン♪」

翠「この、でっぷり腹を見ないでね」

 

 

しかし数年前までは、上記のような子供たちだけのちょっとしたイベントだった『ハロウィン』ですが、今やバレンタインデーの経済効果をも超える、大人も巻き込んだ一大イベントに成長していますね。

 

ハロウィンの存在は昔から知ってましたが、ここまで膨れ上がったのはここ数年のこと。

 

個人的に「なんでここ数年で急激にハロウィンが流行ったのか?」が気になったので、ちょっと調査分析をしてみました。

お時間あればどうぞ。

 

※分析はあくまでも個人的な見解です。そうじゃないかな?という主観なのであしからず。

 

 

ハロウィンが流行してる理由は以下が考えられました。

 

 

1、SNSに載せたい心理

 

多分今流行っている大きな理由は、この「SNS用ネタ」というのが大きな割合をしめているように思います。

 

「今日はハロウィンでこんな格好しています♪」

「渋谷の交差点に来ています!」

「うちの子は今年はこの格好です(^-^)」

と、写真付きでコメントしたい心理が大きいかと思います。(特にフェイスブック)

 

かくゆう自分も、このブログで「ハロウィン営業しました」と仮装写真載せてますからねたらーっ

 

まあ自分の場合は営業目的なのでちょっとズレているかもしれませんが、「ブログに載せるため」というのも仮装する目的の一つになっています。(自己顕示欲というよりは、来年につなげるための宣伝の意味合いが強いですね)

 

仮装写真が一つあれば、ネタになって、そこからコミュニケーションが広がりますよね。

リアルでの繋がりが薄い現代だからこそ、コミュニケーションが広がりやすいツールというのは、ハロウィンに限らず流行るんだと思います。

 

しかも同じ個人でありながら、毎年衣装を変えることによって、ネタが尽きることは基本的にありません。(個人は1ですが、ネタは無限です)

 

また、仮装という隠れミノとSNSの親和性は高いように思います。

普段は顔出しNGの人も、仮装をして誰だかわからなくすれば、リアルでありながら顔出しすることも可能になります。

いわば「匿名SNSとリアルの中間になれる」といったところでしょうか。

 

 

2、仮装(コスプレ)への抵抗感の低下

 

自分は現在40歳ですが、コスプレする人は基本的には「オタクの人やそういう趣味の人」という感覚が今でも若干あります。(ウォーリーの仮装をしていて言うのはなんですが…たらーっ

 

でも現在の10代、20代は、そういう偏った見方は、自分の世代よりは少ないように思います。

 

ちょっと前までサブカルチャーといわれていた分野(アニメ、アイドル、鉄道、ゲームなど)も、もはや大衆化していると思います。

サブカルだったものが、今では「クールジャパン」ですからね。

故に、コスプレも大衆化して、コスプレすることに抵抗感が減っている人も増えているのでしょう。

 

またアメリカでも、現在の日本のように「ハロウィン=仮装文化」になっているので、それも大きく影響しているように思います。

ラスベガスに行けば、1年中仮装する人が見れるようですしあっかんべー

ポケモンGOの時もそうでしたが、海外、特にアメリカがそういう流れになっていたら、やはり日本でも「ハロウィン=仮装」となると思います。(特にアメリカの一般人がやっていたら余計に)

 

現在のハロウィン以前にも、東京ディズニーランドのハロウィン期間中に仮装して来場する人も、この10年で増えていました。

※ちなみに東京ディズニーランドでゲストも仮装して来場するのは2002年に解禁になったらしい。

特にUSJのハロウィンホラーナイトは、現在のハロウィン文化をかなり後押ししたと思います。

 

 

3、コスプレイヤーの晴れの舞台

 

現在のようにハロウィンの仮装イベントが浸透するまでは、コスプレするとしたら映画の試写会イベント、コミケ、一部のイベントなどだったと思います。

なのでコスプレイヤーは、それまで肩身の狭い思いをしていたと思います。

 

でも現在のハロウィンの雰囲気で、「あ、街中でもコスプレできるんだ」「屋外でもコスプレして堂々と歩ける」という、ある種"免罪符"的なものができたので、コスプレイヤーが堂々と街中に出れるようになったことも、現在のハロウィンを後押ししているように思います。

 

でも2016年は2015年に比べて、クオリティの高いコスプレイヤーは渋谷などに出没する人数は減ったかもしれません。(予想)

なぜならば、あまりにも一般人とお祭り騒ぎが好きな人(ワールドカップの勝利で騒ぐ同様の人)が増えると、身の危険を感じるからです。

自分はコスプレイヤーではないですが(でも150万円のアイアンマンスーツは着てみたいポッ)、もしコスプレイヤーだったらきっと今のあの渋谷には行かないと思います。川崎ハロウィンとかUSJの方が安全性が高そうなので、そっちに行くと思います。

 

何はともあれ、今のハロウィンの流れを作り上げたのは、間違いなくクオリティの高いコスプレイヤーさんのおかげでしょうねニコニコ

 

ハロウィンパーティ2016_07

 

 

4、リアルで会ってもゆるい関係が保てる

「ゆるい関係」とは、リアルでは会ったことがなくてもネット上では友達…といった、お互いに干渉をしない関係性のこと。

そのゆるい関係が、このハロウィンでも保つことが可能です。

 

"仮装"という透明な膜が、リアルの上を覆い、ゆるい関係を保つ役目をしてくれるのです。

 

つまり仮装をして出会っても、お互いに「ハロウィンだから…」と暗黙の了解によって、それ以上深い関係性にならなくていいわけです。

 

それ故、しがらみのないハロウィンイベントは、純粋に楽しむことができます。これも現在流行った理由の一つだと思います。

 

 

5、便乗できると各所が動いたから

2010年以降、各地でハロウィンイベントが増えだし、各メディアで「新しい文化」として紹介しだしたのが結構影響しているように思います。この時はまだニュース程度。

 

それに合わせて、それまであまり売れていなかった映画やアニメのコスチュームがネット通販で急に売れ出し、お金の流れができてきたのだと思います。(SNSが流行りだした時期と重なります)

 

そして広告代理店などが「…あれ? もしかしてハロウィンって金になるんじゃね?」と気付いて(ここ妄想ですたらーっ)、一気に盛り上げ感が加速。

 

菓子メーカー、雑貨メーカー、その他メーカーがハロウィンに便乗したことによって、スーパーやコンビニでハロウィンを身近に感じる環境ができあがり、下地を作ったのだと思います。

 

また、各自治体がハロウィン仮装コンテストなどを「町おこし」に使い始めたのも大きいのかもしれません。

 

で、止めに「渋谷のお祭り騒ぎ」が全国ニュースで流れて、現在の形が出来上がったのだと思います。

 

 

6、日本人故の国民性

渋谷のお祭り騒ぎニュースを見て「え!俺も仮装して渋谷行かなくちゃ!」「私たちも女4人で仮装して渋谷行こう!」などと思った若者は多かったと思います。

 

これは、『ポケモンGO』が日本で配信される前、テレビニュースで「あんなに沢山のアメリカ人がみんなでポケモン探してるぞ!」と驚いて、「よしっ!俺もポケモンゲットしてやるぜ!」とワーッと全国に広まった感覚と似ている気がします。

 

つまり日本人は「周りに流されやすい気質」を持っているんだと思います。(自分もそうですけどねたらーっ

 

あと、元々お祭り好きな国民性でもありますしね。

「踊る阿呆に 見る阿呆 同じ阿呆なら 踊らにゃ損々」がDNAに息づいているんだと思いますたらーっ

 

さらにいうと、ハロウィンがお盆や収穫祭だという情報が広く理解され、そこまで宗教色の強いものではないとわかったことも一因かもしれませんね。

 

ハロウィンパーティ2016_05.jpg

 

 

まとめ

ということで、

 

1、SNSに載せたい心理
2、仮装(コスプレ)への抵抗感の低下
3、コスプレイヤーの晴れの舞台
4、リアルで会ってもゆるい関係が保てる
5、便乗できると各所が動いたから
6、日本人故の国民性

 

以上の理由から「現在のハロウィンブームが出来上がったのではないか?」と分析してみました。(半分妄想ですたらーっゴメンナサイ)

 

何はともあれ、経済が動いていない現代の日本としては、お金が回る良いきっかけになったらいいなと思っています。

 

ちなみに今年のハロウィンパーティーでは、新規の衣装で1万円くらい使いました(笑)

 

あと勝手な未来予想図ですが、今はまだみんな安い衣装の人が多いですが、今後年々クオリティーの高い衣装になっていきそうな気がしていますニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

カメラスマホページ下部で不定期更新ギャラリーやってます♪

 

↓あなたにとってお役に立った場合のみポチっとお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

 

■人気カテゴリ ■お知らせ一覧 ■今日のゆう

posted by: ヨッシーてんちょ | ヨッシーてんちょの徒然日記 | 22:32 | comments(8) | trackbacks(0) |-
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Search
New Entries
Recent Comment
  • フレッツ光のプラン変更だけのはずが、まさかの詐欺まがいへ!?
    ヨッシー店長 (06/21)
  • フレッツ光のプラン変更だけのはずが、まさかの詐欺まがいへ!?
    2017 (06/17)
  • 飲食店経営のリスクとデメリットとは?5年目現役カフェオーナーが本当のリスクを教えます
    ヨッシー店長 (06/12)
  • ダウン症児の親が教える本当の原因と15の特徴
    ヨッシー店長 (06/12)
  • 優ちゃんの検査結果
    ヨッシー店長 (06/12)
  • 飲食店経営のリスクとデメリットとは?5年目現役カフェオーナーが本当のリスクを教えます
    tram (06/12)
  • ダウン症児の親が教える本当の原因と15の特徴
    happy (05/29)
  • 優ちゃんの検査結果
    まゆみん (04/21)
  • フレッツ光のプラン変更だけのはずが、まさかの詐欺まがいへ!?
    ヨッシー店長 (03/24)
  • フレッツ光のプラン変更だけのはずが、まさかの詐欺まがいへ!?
    totodes (03/24)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links